• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 緊急・危機管理情報/県内気象情報のご案内 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルスワクチン情報 > アストラゼネカ製ワクチン接種の実施

ここから本文です。

更新日:令和3年12月27日

アストラゼネカ製ワクチン接種の実施

新型コロナワクチンのうち、アストラゼネカ製ワクチンの接種が必要な方に対する接種を実施しています。
接種を希望する方は、申請をお願いします。

アストラゼネカ製ワクチンについて

下記ページをご確認ください。
アストラゼネカ社の新型コロナワクチンについて(厚労省ホームページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_astrazeneca.html

対象者

次のすべての要件を満たす方とします。
(該当しない場合は、お住まいの地域でファイザー又はモデルナ製ワクチンを接種してください。)

  • 県内に居住し、18歳以上であること
  • 市町が発行する接種券をお持ちであること
  • 次の(1)~(3)のいずれかに該当すること

(1)ポリエチレングリコール(PEG)に対するアレルギー等で、mRNAワクチン(ファイザー製ワクチン、モデルナ製ワクチン)を接種できない方

(2)海外でアストラゼネカワクチンを1回接種済みの方

(3)(1)・(2)以外の理由でアストラゼネカ製ワクチンの接種を希望する40歳以上の方

接種時期

時期は、希望者の事情等に応じて、申請受付後に個別調整します。

接種会場

 

以下の医療機関のいずれかです。(各会場への直接のお問い合わせはお控えください

 

  • 順天堂大学医学部附属静岡病院(伊豆の国市)
  • 静岡県立総合病院(静岡市葵区)
  • 浜松医科大学医学部附属病院(浜松市東区)

なお、アストラゼネカ製ワクチンは、標準的には4~12週間の間隔をおいて2回接種することとし、最大の効果を得るためには8週間以上の間隔を置いて接種することが望ましいとされています。
このため、2回の接種を完了するまでの期間が他のワクチンよりも長くなりますのでご注意ください。

接種の申請方法

「ふじのくに電子申請サービス」で必要事項を入力し、申請してください。
https://s-kantan.jp/pref-shizuoka-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=5039(外部サイトへリンク)

接種時の留意点

(1)接種時には、市町が発行する接種券、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証等)、予診票、おくすり手帳(お持ちの方のみ)を持参してください。
なお、接種当日に接種券をお忘れの場合は、接種できません。

(2)事前に、ワクチン接種の説明書や注意点を御確認ください。

(3)その他の留意事項

  • 接種当日は、肩を出しやすい服装(Tシャツ等)で、マスクを必ず着用してお越しください。
  • 当日、発熱のある場合や、体調が悪い場合は、接種を控え、下記問い合わせ先へキャンセルの連絡をしてください。
  • 会場で接種できる時間は限られているため、指定の時刻に遅れないよう御注意ください。万が一、遅れる場合には、下記問い合わせ先へ連絡してください。
  • 当日の問診医師の判断により接種を見送る判断をされる可能性もありますので、あらかじめ御了承ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部感染症対策局新型コロナ対策推進課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2218

ファックス番号:054-221-3716

メール:vaccine-regi@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?