• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 東部健康福祉センター(トップページ) > 東部健康福祉センター(各課・班の主な業務内容と電話番号) > 東部健康福祉センター(健康増進課)

ここから本文です。

更新日:平成29年3月31日

健康増進課(健康増進班)

健康増進課の担当業務のうち、

健康づくり

静岡県では、県民が心身ともに健康で暮らすことを目標に、高齢期においても健康で自立して暮らすことができる「健康寿命の延伸」と、健やかで心豊かに生活できる「生活の質の向上」の2つを目指した健康づくりに重点を置いて取り組みを進めています。

静岡県では、「富国有徳の理想郷“ふじのくに”づくり」を基本理念とする新たな総合計画の策定にあわせて、平成23年度に健康づくりのための基本指針や施策等を盛り込んだ「ふじのくに健康増進計画」を策定し、健康づくりを推進してきました。平成26年度からは「第3次ふじのくに健康増進計画」を策定し、更なる「健康寿命の延伸」と「生活の質の向上]を目指し、あわせて「生活習慣病の発症予防と重症化予防」を進めていきます。

当センターでは、第3次ふじのくに健康増進計画アクションプラン地域別計画「東部健康福祉センター」(PDF:555KB)に基づき、管内の健康づくり及び生活習慣病予防対策に取り組んでいます。

 

健康で長生きのコツは「1に運動2に食事しっかり禁煙最後にクスリ」

毎日プラス10分の運動を

  • 健康のためには、あと1,000歩、時間にしてたったの10分運動することで健康度アップ!
  • 通勤時など、苦しくない程度のはや歩きは、立派な運動です。

毎日プラス70gの野菜を

  • 生活習慣病を予防するために食べたい野菜量は350gです。静岡県民はあと約70g不足しています。
  • 70gの野菜とは、火を通したもので小鉢1皿分、生野菜ならトマト半分、キャベツ2枚分です。

禁煙を

  • タバコを吸うことは、健康を損なうだけでなく美しさや若々しさを失うことにもつながります。
  • あたなやあなたの周りの人の未来のために禁煙を考えてみましょう。

 

スマートライフ検定

あなたの健康知識はどれくらい!?

簡単にチェックできるので、気軽に解いてみましょう。

いかがでしたか?

解説を参考に、健康づくりを実践し、健康で長生きしましょう!

 

 

 

 減塩から始める健康生活「地産地食の野菜レシピ集vol.5」ができました

~楽しく始めよう。おいしく減塩!~

 

あなたはお塩をとりすぎていませんか?

お塩の多い食事は、高血圧になりやすく、高血圧は脳卒中や心筋梗塞の原因となります。

そこで、当センターでは、生活習慣病の発症予防及び重症化予防の対策のひとつとして、減塩をテーマとしたレシピ集を作成しました。

おいしく減塩をして、ご家族、お友達と健康的な食事を楽しんでください。

 

・地産地食の野菜レシピ集Vol.5(2017年作成)(PDF:2,642KB)

 

過去のレシピ集

・地産地食の野菜レシピ集(2016年作成)(PDF:5,676KB)

・地産地食の健康レシピ集(2015年作成)(PDF:2,494KB)

・地産地食の健康レシピ集(2014年作成)p.1~p.6(PDF:2,166KB)

・地産地消の健康レシピ集(2013年作成)(PDF:2,427KB)

 

おいしく食べるお手伝い~栄養サマリー活用マニュアル~ができました!!

病院・福祉施設の管理栄養士・栄養士のみなさん!!

「おいしく食べるお手伝い~栄養サマリー活用マニュアル~」

ができました!!

病院・高齢者等施設において給食対象者が施設を転院・転所するときに、今までの食事に関する情報を次の施設へ的確に伝えるために、栄養サマリー様式とその記入例等を掲載したパンフレットを作成しました。

給食対象者のQOL(クオリティー・オブ・ライフ、生活の質)の向上と管理栄養士・栄養士の連携を深めるために、ぜひ栄養サマリーを積極的に活用しましょう!

 

栄養成分表示店

日ごろ食生活における外食の利用率が高くなっている昨今、外食等に含まれるエネルギーや食塩などの栄養成分の表示は、外食利用者の健康づくりのために大切な情報であり、この栄養成分表示に関心を持っている方も増えてきています。

当センター管内の栄養成分表示店は、こちらです。

栄養成分表示店の食育宣言(東部健康福祉センター管内)(PDF:218KB)

静岡県では、飲食店、コンビニエンスストア等の外食料理の栄養成分表示を進めています。
表示をお願いするのは、(1)エネルギー、(2)脂質、(3)食塩です。

協力していただけるお店を募集しています。
お気軽に健康増進課まで御連絡ください。

 

栄養士・管理栄養士免許申請

必要書類をそろえ、申請をお願いします。

 

 特定給食施設及びその他の給食施設の方へ

給食施設の設置者は、給食を開始、変更、休止、廃止する際には、健康増進法及び静岡県給食施設の届け出に関する要綱に基づく届出が必要になります。

東部保健所の管轄は、沼津市、三島市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、清水町、長泉町の給食施設です。

 

特定給食施設、その他の給食施設とは

給食施設とは、特定かつ多数の者に対して継続的に食事を提供する施設をいいます。

静岡県では、健康増進法及び静岡県給食施設の届出に関する要綱に基づいて、次のとおり分類しています。

 

 

特定給食施設 特定かつ多数の者に対して継続的に、1日100食以上又は1日250食以上の食事を供給する施設
その他の給食施設
  • 特定かつ多数の者に対して継続的に、1回50食以上又は1日100食以上の食事を供給する施設
  • ただし、病院、介護老人保健施設、老人福祉施設、児童福祉施設、その他の社会福祉施設については、1回20食以上又は1日50食以上の食事を提供する施設

 

子どもたちの歯の健康づくり

静岡県においては、永久歯のむし歯予防のため、集団でのフッ化物洗口を推進しています。

伊豆の国市伊豆市函南町では、幼稚園・保育所から小中学校まで、地域ぐるみで園(所)や学校においてフッ化物洗口に取り組み、むし歯予防が効果的に行われています。

そのため、「むし歯有病者率」も「1人平均むし歯本数」も少なく、県内ベスト3の常連で歯の健康が守られています。

 

 

 

トップページ 前のページに戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県東部健康福祉センター 

〒410-8543 沼津市高島本町1番地の3

電話番号:055-920-2112(健康増進課)

ファックス番号:055-920-2194

メール:kftoubu-kenzou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?