• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 富士健康福祉センター > 各課の業務 > 医療健康課 > 結核理解度チェック

ここから本文です。

更新日:平成31年3月4日

結核理解度チェック

正しいと思うものには○、間違っていると思うものには×をつけてください。

1.日本は結核の低まん延国の水準に至っていない。

2.日本において現在1年間で新しく報告される結核患者の約7割は60歳以上である。

3.結核菌は日当たりが悪く、閉鎖的な環境で感染しやすい。

4.結核菌に感染しても、必ず発病するとは限らない。

5.結核は肺以外でも発症する病気である。

6.BCGとは、結核の重症化を防ぐワクチンである。

7.結核が発病しても、病状により必ずしも隔離されることはない。

8.現在、結核は服薬で治るようになった。

9.結核の医療費に関して公費負担制度がある。

10.感染性の高い患者と濃厚な接触があった人はその後2年間検診を受ける必要がある。

結核理解度チェックの回答と解説

TOP〕〔窓口案内〕〔各課業務〕〔申請書類〕〔検査相談〕〔関係一覧〕〔健康情報〕〔統計情報〕〔お知らせ〕〔アクセス

お問い合わせ

静岡県富士健康福祉センター 

〒416-0906 富士市本市場441-1

電話番号:0545-65-2659(医療健康課)

ファックス番号:0545-65-2288

メール:kffuji@mail.wbs.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?