• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 医療 > 中部健康福祉センタートップページ > 業務案内 > 地域医療課 > 咳が治らないの?それって結核かも

ここから本文です。

更新日:令和4年3月29日

『咳が治らないの?』それって結核かも!

結核は、日本では1950年代までは「国民病」「亡国病」と恐れられ、死亡原因の第1位でした。医療や生活水準の向上により、薬を飲めば完治できる時代になりましたが、昔の病気と思っていたら大間違いです。今でも1日46人の新しい患者が発生し、6人が命を落としてる日本の重大な感染症です。

結核ってどんな病気?

結核は、結核菌によって主に肺に炎症がおこる病気です。最初は風邪に似た症状で始まりますが、「タンのからむ咳が2週間以上続いている」「微熱・身体のだるさが2週間以上続いている」症状がある場合には、早めに受診しましょう。

なお、高齢者の場合は、このような症状が出ないこともあります(微熱や体重減少)ので、年に1度は必ず健診で胸のレントゲンを撮りましょう。

結核は感染するの?

咳やくしゃみなどの空気感染によりうつります。結核菌の混ざったしぶきが、咳やくしゃみと一緒に空気中に飛び散り、それを周りの人が直接吸い込むことで感染します。結核に感染しても、発病するのは、10人に1~2人くらいです。多くの場合は、免疫力により結核菌の増殖が抑えられ、休眠状態になります。

免疫力が勝つと結核は発病せず、一生発病しない方もいます。しかし、免疫力が下がること(年齢によるもの、糖尿病、喫煙やHIV感染、ステロイドホルモンの使用等)によって、結核菌が復活し発病することがあります。

結核は治せるの?

結核と診断されても、複数の薬を6~9か月間毎日きちんと飲めば治ります。しかし、症状が消えたからといって、治療の途中で服薬をやめてしまうと完全に治りきらず、菌が抵抗力をつけ薬が効かない耐性菌になることがあります。

結核の治療費は、届出をすることで公費負担が受けられますので、保健所や主治医にご相談下さい。

静岡県ホームページ

公益財団法人結核予防会結核研究所(ホームページ)(外部サイトへリンク)

公益財団法人結核予防会(ホームページ)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

静岡県中部健康福祉センター 

〒426-0075 藤枝市瀬戸新屋362-1 

電話番号:054-644-9273

ファックス番号:054-644-4471

メール:kfchuubu-iryou@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?