• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 発達障害者支援センタートップ > 相談について

ここから本文です。

更新日:平成29年7月26日

相談について

発達障害にかかわる相談を受け付けます。
発達障害かもしれないが、はっきりしないという場合にも、御相談できます。
平日の8時30分から17時の間にご連絡ください。
お住まいの市町により、連絡先が異なります。担当する市町別連絡先
年齢、知的障害の有無に関わらず、御相談できます。

このようなご相談が寄せられています

<幼児期>
・健診で発達障害ではないかと言われた
・発達や行動が心配
・家庭での具体的な関わり方を知りたい
・相談や受診をしたほうがよいか迷っている
・就園先や就学先について相談したい
<学齢期>
・学校から相談するよう勧められた
・学校で友達とのトラブルが多い
・授業中に座っていられない、授業についていけない
・卒業後のことで相談したい
・かんしゃくやパニックを起こし、対応に困っている
<青年期・成人期>
・発達障害ではないかと思うが、診断できる医療機関を教えてほしい
・就職先が見つからない、適性を知りたい
・大学や職場でうまくいかない
・事業所で他の利用者とトラブルになってしまう
・日中通う場所がなく、どう過ごせばよいか困っている


スタッフ

支援スタッフ(福祉関係職員、教育関係職員、保健師等)、医師、心理士、看護師などが
共同で相談、支援を行います。いずれも担当のスタッフがつきます。

 

相談の流れ

まず、お電話をいただきます。
お電話で情報提供などを行います。
御相談の内容によっては、継続相談、またはアセスメントとして、お受けします。

 

(1)相談
発達障害のある方やその御家族などからの御相談をお受けしています。また、「近くに診療してくれる病院はありませんか」「地域の社会資源を教えてください」などの御要望にこたえて、電話で御案内します。
当センターより適切な相談機関がある場合には、そちらを御案内する場合もあります。

 

(2)継続相談
主に支援スタッフが担当し、来所相談や、園や学校、施設訪問等を行っています。御相談いただいた問題が解決した時点でいったん終了となります。再度御相談の場合には、もう一度改めて、お申込みいただくことになります。検討の上、アセスメントに移行することもあります。(※必要に応じて、医師、心理士が相談に加わる場合があります。)

 

(3)アセスメント
医師、心理士、支援スタッフでチームを組み、原則として併設の診療所での診療として行います。面接、心理検査などにより状態の把握をしたり、地域の支援機関に出向いて様子をお伺いしたりして、本人、御家族や、支援関係者の困りごとに合わせて具体的に支援方針を提示します。アセスメントが終了した後、継続相談に移行する場合があります。

診療所

原則として完全予約制の保険診療機関です。
静岡県発達障害者支援センターに相談した方のうち、必要な方のみを対象にしています。
直接の診療の申込みは受け付けていません。
まずは、静岡県発達障害者支援センターに御相談ください。


お問い合わせ

静岡県発達障害者支援センターあいら 

〒422-8031 静岡市駿河区有明町2番20号 

電話番号:054-286-9038

ファックス番号:054-286-9098

メール:hattatsu-shien@pref.shizuoka.lg.jp

こちらは問合せ専用のアドレスです。発達障害のご相談は電話でお受けしています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?