• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 静岡県精神保健福祉センタートップ > 次はあなたも!ゲートキーパー > ゲートキーパーとは

ここから本文です。

更新日:平成29年8月8日

静岡県精神保健福祉センター  

次はあなたも!ゲートキーパーゲートキーパーとは

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。

自殺の背景

自殺の背景には、失業などの経済・生活問題のほか、健康問題や家庭問題など様々な悩みや要因が存在し、その複数の悩みや要因が複雑に関係しています。その結果、心理的に追い詰められ、自殺以外の選択肢が考えられなくなったり、うつ病やアルコール依存症などの病気になって、正常な判断を行うことができない状態になってしまい、自殺に至る場合も多いと言われています。つまり、多くの自殺は個人の自由な意志や選択の結果ではなく、様々な要因により「心理的に追い込まれた末の死」ということができます。

悩みを抱えた人を支援する

悩みを抱えた人は、「人には言えない」「どうしたらいいかわからない」等の状況に陥ることがあります。誰にも打ち明けられず、周囲から孤立し、追いつめられている場合も少なくありません。周囲が悩みを抱えた人に気づき、支援するために、周囲の人々がゲートキーパーとして関わることが必要です。静岡県では、県民の皆様にゲートキーパーとしての意識を持っていただき、「自殺を考えるほど悩み、思いつめる人を、1人でもなくしたい」と考えています。誰もが自殺に追い込まれることのない社会を築くために、ゲートキーパーの輪を広げていきましょう。

自殺対策におけるゲートキーパーの役割

自殺対策におけるゲートキーパーには、「気づく」「声をかける・聴く」「つなぐ」「見守る」という4つの役割が期待されます。悩みを抱えた人のサインに気づき、その人の話に耳を傾け、必要に応じて専門家のいる相談機関へつなぎ、その後も見守り続けることが大切です。「専門家ではないから自分には何もできない」「話を聴くだけでは何も解決しない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、話をよく聴き、つらい気持ち、苦しい気持ちを受け止め、一緒に考えてくれる人がいると感じるだけでも、悩んでいる人の孤立を防ぎ、安心感を与えます。

ゲートキーパーの養成プログラムを実施

ゲートキーパーの必要性は海外でも広く叫ばれ、WHO(世界保健機構)をはじめ、多くの国々で養成プログラムが実施されています。我が国でも地方自治体が地域の実情にあった形でゲートキーパーの養成に取り組んでおり、地域のかかりつけの医師などの保健医療福祉従事者、町内会担当者、民生委員、児童委員、理美容師などさまざまな人々が研修を受けています。

静岡県では、自殺の現状や予防、具体的な声のかけ方、話の聴き方、支援機関へのつなぎ方などを学ぶことができるゲートキーパー研修会を実施しています。

ゲートキーパー研修会のご案内

お問い合わせ

静岡県精神保健福祉センター

〒422-8031 静岡市駿河区有明町2番20号 

電話番号:054-286-9245

ファックス番号:054-286-9249

メール:mental@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?