• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 健康・福祉 > 障害福祉 > 静岡県精神保健福祉センタートップ > ひきこもり対策

ここから本文です。

更新日:平成28年10月21日

静岡県精神保健福祉センター

 

ひきこもり支援

ひきこもりとは?

厚生労働省の定義では、長い期間(おおむね6ヶ月以上)自宅に留まり続け、仕事に就くことや学校へ通うこと、友人と交流するといった社会生活の再開が難しくなっている状態を「ひきこもり」とよんでいます。
状態は人それぞれで、部屋から全く出ることができない方もいれば、他者と直接的な交流を持たない形の外出(買い物、ドライブ等)は可能といった方もいます。
きこもりの原因は、精神的な疾患によるもの、傷つき体験やストレスによるものなど様々で、一つに特定できない場合が多くあります。

 

相談はどうすればいい?

電話相談
相談員がひきこもりに関する相談をお受けしております。その方に合った支援やかかわり方を考えるために、現在のご本人の様子をお伺いしています。

面接相談

1.来所相談
面接をご希望の場合には、精神保健福祉センターやお近くの健康福祉センターでの相談が可能です(要予約、無料)。ご本人やご家族から、現在のご本人の様子についてお話を伺い、その方の状況に応じた関わり方や今後の支援を一緒に考えていきます。
また、活用できる社会資源について情報をお伝えしたり、適切な機関へおつなぎします。

2.家族教室
ひきこもり状態に悩むご家族が、ひきこもりについて学んだり、ご家族同士が交流したりできる場です。

3.訪問支援・同行支援
状況に応じてご本人の了解を得たうえでご自宅に訪問したり、ご本人の外出に同行して活動したりします。

4.居場所支援
同じようにひきこもり状態にある方や、支援者と安心して過ごすことのできる場を提供するほか、読書、ゲーム、料理等のプログラムを実施するなど、他者との関わりを通して、社会への参加を促すための支援を行います。

地区 名称 開設日時 場所
賀茂 めばえ(PDF:3,014KB) 毎週金曜日午後1時から5時 下田市
東部 なごみ 毎週金曜日午前10時半から午後3時 沼津市
志太榛原 みなと(PDF:560KB) 毎週火曜日午後1時から5時 焼津市
中東遠 ひとむれ(PDF:479KB) 毎週月曜日午後1時から5時 袋井市


<専用相談窓口>

:054-286-9219
電話受付時間
:月曜日から金曜日午前10時から12時、午後1時から3時(年末年始・祝日除く)
:静岡市、浜松市を除く、県内にお住いの方で、概ね15歳以上の方とそのご家族

岡市の方は「静岡市ひきこもり地域支援センターDanDanしずおか」へ、浜松市の方は「浜松市ひきこもり地域支援センター」へご相談ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県精神保健福祉センター 

〒422-8031 静岡市駿河区有明町2番20号 

電話番号:054-286-9245

ファックス番号:054-286-9249

メール:mental@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?