• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 教育委員会教育長室 > 平成29年度第2回移動教育委員会

ここから本文です。

更新日:平成29年7月6日

第2回移動教育委員会で県立相良高校を訪問しました(6月26日)

今年度の第2回移動教育委員会で、県立相良高校を訪問しました。今回のテーマは同校独自の地域人材育成事業「SCH:Super Community-based High school(スーパー地域密着型高等学校)」です。県内でも多くの学校が地域との連携に力を入れて取り組んでいますが、その中でも相良高校が昨年から始めた、このSCHは、その活動の内容が新聞でも大きく報じられるなど、ひときわ注目を集めています。

この日行った意見交換では、学校から、海岸清掃や地域行事への参加、地域活性化策の研究など、昨年1年間で70件以上の地域活動に、延2,000人以上の生徒が参加したことなどが報告されました。
また、生徒と共にイベントの企画・運営に携わっている地元商店街の方は「生徒のアイデアを具現化するのは時間がかかる作業だが、彼らの思いをなんとか形にしたい」と力強く話されていました。地域の方々が、街の活性化につながるという期待だけでなく、生徒を応援したいという気持ちを持って、この活動に協力していただいていることがよくわかりました。同時にこのような学校と地域の関係は、他の学校にも大いに参考になるものと思いました。

さらに、最も印象深かったのは、懇談会での生徒の皆さんの自信に満ちた表情とはっきりとした受け答えでした。これは、おそらく机の上での勉強だけでなく、このSCHの取組により、学校以外の場でさまざまな大人の方と触れ合い、一緒になって活動した、その過程で培われたものと思われ、これこそ、まさにSCHの成果だと感じました。

SCHの活動はまだ始まったばかりです。活動をいかに継続し、広げていくか、そして何より生徒たちがこの活動で得た経験を今後どのように生かしていくのかが大切です。相良高校の生徒たちが将来、「あの時、SCHに取り組んで良かった」と思えるように、私たちも引き続き全力で応援していきたいと思います。

授業見学の様子

 

 

 

  •  
  • 授業見学(商業科3年:課題研究)
  • 生徒たちは、SCHの一環として、牧之原市の景観マップの作成に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

教職員、地域関係者との意見交換

 

 

 

 

教職員、地域関係者との意見交換

地元企業や商店街の方々にも参加していただきました。

 

 

 

 

 

生徒との懇談会

 

 

 

生徒との懇談会

SCHで研究しているフィルムツーリズムについて、プレゼンテーションをしてくれました。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3134

ファックス番号:054-221-3561

メール:kyoui_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?