• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 教育部長室 > 高校生の熱いビブリオバトル開催!

ここから本文です。

更新日:平成30年10月5日

高校生の熱いビブリオバトル開催!(平成30年9月29日)

9月29日に開催された「第4回静岡県高等学校ビブリオバトル」を観戦しました。常葉大学草薙キャンパスで開かれたこの大会は、今回が4回目。年々参加者が増え、その筋では馴染みのあるイベントになってきております。

ビブリオバトルは、読書を進めるための取り組みの一つです。
ルールを知らない方のために、簡単な競技方法を説明します。
参戦者は、他の人に読んでもらいたい自分が選んだ本の紹介を5分以内で行い、その後2分間、会場からの質問を受けます。その本の紹介ややりとりから、会場にいる人たちが、どの本が一番読みたいと思ったのかを投票し、「チャンプ本」を決めるというものです。

今年の大会は、48人の高校生が参戦。午前中は8グループに分かれての予選会。午後は、予選を勝ち抜いた8人による決勝戦。
それぞれが、本と出会ったきっかけや物語の構成、おすすめポイントなどを身振り手振りで熱弁。観客に質問したり、演台の前に出てきたり、その「語り」に、時には会場が笑いに包まれました。

高校生が、自分のお薦め本を訴える、そんな姿に、「読書離れ、活字離れといわれている高校生も捨てたもんじゃないぞ」と感心しました。この子たちの周りにも、本好きな高校生がいるだろうし、一人一人が本読みの輪を広げていけば、きっと「読書県しずおか」の看板が、もっと輝くだろうと思います。
また、参戦した高校生は、バトル開始前から、本を介してコミュニケーションを取っており、本との出会いだけでなく、人との出会いも演出できる取り組みになっています。

会場を貸していただいた常葉大学様、ありがとうございました。本当に綺麗で、設備が整った会場で、参戦者のみならず、引率の先生、一般観戦者も大満足でした。
「チャンプ本」を紹介した彼は、来年1月の全国大会に出場します。まさに、日本一を目指したバトルになっていますので、全国大会、来年の県の大会、またまた他のビブリオバトルも一度観戦してみてください。

高等学校ビブリオバトル公式ホームページ
https://katsuji.yomiuri.co.jp/archives/category/highschool(外部サイトへリンク)

ビブリオバトル1

ビブリオバトル2

ビブリオバトル3

ビブリオバトル4

 

お問い合わせ

教育委員会教育政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3674

ファックス番号:054-221-3561

メール:kyoui_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?