• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会事務局 > 広報・広聴 > 移動教育委員会 > 第6回移動教育委員会

ここから本文です。

更新日:平成29年12月26日

第6回移動教育委員会開催~御前崎市立さくらこども園を訪問(12月13日)~

平成29年度第6回移動教育委員会を、御前崎市立さくらこども園で開催しました。概要は以下のとおりです。

1.園内見学

  • 県教育委員は、園長の案内の下、園内の施設や教育・保育活動を見学しました。
  • 幼児部では教室や園庭での遊びの活動を、乳児部では読み聞かせや給食の様子を視察しました。
  • 園内に設置された子育て支援センターでは、教育委員が来園した保護者に話を聞く場面もありました。


幼児部の教室 絵本を読む子どもたち
教室を視察する教育委員 子どもたちの活動を見学する教育委員

 

2.さくらこども園概要説明

  • 園長より、さくらこども園の概要について、同園では0歳から6歳までの園児216人が在籍しており、広い敷地を活用してそれぞれの年齢に合った遊び場、保育室を設置し、子どもたちがのびのびと生活できる環境を整備していることや、平成25年に認定こども園としての認可を受けたことに伴い、園内に地域の子育て家庭のための支援センターを開設したことなどが紹介されました。
  • 園長より、さくらこども園の教育・保育活動について、今年度は「おもいっきり遊ぶ子」を重点目標とし、職員は遊びの活動等で子どもたちと関わる際、簡単に手出しをするのではなく、「自分でできた」という喜びや満足感を積み重ねることを大切にしているとの説明がありました。
  • 園長より、運営上の課題として「長時間部の子どもの数が増えている中で、多様な勤務体系で働いている職員間の連携をいかに図るか」、教育・保育活動の課題として「特別な支援が必要な子どもに対し、一人一人に合った適切な支援をいかに行うか」などの点が示されました。
  • 県教育委員より、保育人材の確保に関し、若い人材は仕事を通じて成長機会を得られるかどうかを重視しており、研修制度を充実させ、積極的にアピールすることが優秀な人材の確保につながるとの意見がありました。
  • その他、県教育委員より、近隣の小学校との連携や園の運営管理の方法などについて質問がありました。

 

県教育長のあいさつ 御前崎市教育長あいさつ

お問い合わせ

教育委員会事務局教育政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3134

ファックス番号:054-221-3561

メール:kyoui_seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?