• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会事務局 > 教育委員会の組織 > 教育委員会福利課 > 心掛けで公務災害で未然に防ごう

ここから本文です。

更新日:平成25年9月24日

心掛けで公務災害を未然に防ごう

急いで階段を下っていて足を踏み外し転落した。

ロッカーの上で掲示物を貼っている時、足を踏み外し、床へ落下した。

裁断機での作業中に指を切った。

部活動指導中、急に動いたら足首を捻った。

これらは、公務災害として認定された事例の一部です。どれも誰にでも起きる可能性があります。このような災害を未然に防ぐには、次の三つの心掛けが大切です。

1.慌てない

慌てながら行動すると注意力が散漫になりがちです。慌てそうな時にこそ深呼吸をし、落ち着いて行動しましょう。

2.省略しない

使い慣れている道具であるからと手順を省略していませんか?特に刃物などを扱う場合は正しい作業手順を守りましょう。

3.過信しない

行動する時、自分だけは怪我もなく大丈夫だと思っていませんか?いつも大丈夫だからといって、今日も同じように大丈夫であるとは限りません。特に運動前は、準備運動などを入念に行い、怪我の予防に努めましょう。

また、不安定な場所(例えばロッカーや机の上)での作業は、事前の安全確認や、複数の人での作業を行うようにしましょう。

自分自身のためにも、児童・生徒の健やかな学びのためにも、教職員が健康なことは大切です。日々の少しの心掛けで災害発生を未然に防ぎましょう。

お問い合わせ

教育委員会事務局福利課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3130

ファックス番号:054-221-0020

メール:kyoui_fukuri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?