• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 良質な睡眠で健康に

ここから本文です。

更新日:平成26年7月14日

良質な睡眠で健康に

suimin今年の3月「健康づくりのための睡眠指針」が10年ぶりに改定されました。睡眠には脳や身体の休息や疲労回復、子どもの発育、免疫力の向上、記憶の固定や整理等重要な働きがあります。

指針によれば、日本人の成人の平均的な睡眠時間は6~8時間、実際に眠れる時間は10歳代前半までは8時間以上、65歳で約6時間と、20歳毎に約30分ずつ短くなるそうです。

必要な睡眠時間は個人差や季節による変動がありますが、日中何度も眠くなる場合や、休日に平日よりも3時間多く眠らないと体調を維持できない場合は睡眠不足かもしれません。

睡眠不足は仕事の能率を低下させ、交通事故や、公務災害のリスクを高めます。また、不眠等の睡眠障害はうつ病や生活習慣病の誘因になったり、悪化させたりします。

寝つきをよくし、良質な睡眠を取るには、決まった時間に起床し朝の光を浴びることが大切です。光を浴びると脳の中の体内時計が「朝」であると認識し、そこから15~16時間後に眠りの準備が始まるからです。この他、良眠の秘訣は次回お伝えします。

なお、2週間以上不眠が続く場合は、うつ病等の心配がありますので、精神科等専門医を受診することをお勧めします。

 

 

お問い合わせ

教育委員会事務局福利課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3130

ファックス番号:054-221-0020

メール:kyoui_fukuri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?