• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会事務局 > 教育委員会の組織 > 教育委員会福利課 > 予防に効果、水うがい

ここから本文です。

更新日:平成25年1月28日

予防に効果、水うがい

うがいは、日本独自の衛生習慣であり、平安時代から行われてきたそうです。

しかし、この日本人にとってなじみのあるうがいについて、最近まで医学的な検証はされていませんでした。

そこで、ある大学が、「うがいをしない」「水で1日3回以上うがい」「ヨード液で1日3回以上うがい」の3グループに分け、効果について調査をしたそうです。その結果、水うがいをした場合のかぜの発症率は、うがいをしない場合に比べて40%も低下することが分かり、一方ヨード液うがいの場合、かぜ発症率は12%の低下という意外な結果が出ました。

その理由としては、のどに常在する菌がヨード液に一掃されたため、風邪のウィルスの侵入をかえって許してしまった、ヨード液が独特の味で、うがい自体が十分行われなかったなどが推測されます。

水うがいでも風邪に対し、一定の効果が期待できそうです。

 

 

風邪を「うつさない」「うつらない」ためには、うがいの他、「手洗い」、人に向かって咳をしない、マスク着用などの「咳エチケット」等の励行が重要です。

 

これらの実施により、風邪の季節を乗り越えましょう。

<参考サイト>

静岡県健康福祉部感染症関連情報

厚生労働省平成24年度今冬のインフルエンザ総合対策

国立感染症研究所感染症情報センター

お問い合わせ

教育委員会事務局福利課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3130

ファックス番号:054-221-0020

メール:kyoui_fukuri@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?