• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会 > 教育委員会高校教育課トップページ > 高校生等の修学支援(就学支援金制度等)の御案内

ここから本文です。

更新日:平成30年7月4日

高校生等の修学支援制度の御案内

高校生等の修学支援制度には、「就学支援金制度」や、返済の必要がない「奨学給付金制度」など、下記に記載の制度あります。

家庭の経済状況等に応じて利用できる制度を活用して、進路希望を実現してください。

1就学支援金制度

高校の授業料は、保護者の所得が一定未満の場合は、国から支給される「就学支援金」の受給を申請することができ、認定された場合は原則保護者が負担することはありません。

手続き方法等については入学・在学する高等学校等でご案内します。

就学支援金制度

区分

概要

対象者

平成26年4月以降入学する新1年生から

所得制限

保護者の「市町村民税の所得割」と「道府県民税の所得割」の合算額が、507,000円未満が対象(年収の目安は、4人家族の場合910万円程度未満)

所得制限額を超えた場合は、授業料を負担していただきます。

支給額

(公立の場合)

 

支給額

区分

支給額

全日制課程

年額118,800円(月額9,900円)

定時制課程(学年制)

年額32,400円(月額2,700円)

定時制課程(単位制)

年額52,200円(30単位履修の場合)

通信制課程

年額10,080円(30単位履修の場合)

 

 

<参考>文部科学省ホームページ(外部サイトへリンク)

2奨学給付金

 

低所得世帯の教育費の負担を軽減するため、返済の必要がない給付型の奨学金を支給します。

手続き方法等についてはこちら→公立:奨学のための給付金の申請手続き、私立:静岡県私立高等学校等奨学給付金の申請について

 

奨学給付金制度

区分

概要

対象者

平成26年4月以降入学する新1年生で保護者が静岡県内に居住していること

所得制限

生活保護世帯または、保護者の「市町村民税所得割」及び「道府県民税所得割」が非課税の世帯(年収の目安は、4人家族の場合250万円程度未満)

支給額

(公立の場合)

 

支給額

区分

支給額

生活保護世帯(全日制・定時制・通信制課程)

年額32,300円

市町村民税所得割額が非課税の世帯

第1子(通信制)第2子以降も同じ

年額36,500円

第1子(全日制・定時制)

年額80,800円

第2子以降(全日制・定時制)

年額129,700円

第2子以降とは入学する生徒のほか15歳以上23歳未満の扶養されている兄弟姉妹がいる場合

3その他の修学支援制度

(1)家計急変への支援

就学支援金が所得制限額以上により対象とならない場合であっても、生徒の入学時に保護者が失職・倒産等の状況にあり、世帯の収入が生活保護基準の1.5倍未満(年収の目安は、4人家族の場合350万円程度未満)の場合は、授業料減免の対象になります。

(2)学び直しへの支援

高等学校等を中途退学した者が再び高等学校等で学び直す場合に、法律上の就学支援金支給期間(全日制36月、定時制・通信制48月)の経過後も、保護者の所得が就学支援金制度と同様に所得制限額未満の場合には、一定期間(最大24月)支援金を支給します。

4奨学金貸与制度

「奨学給付金」の対象とならない場合などで、希望する場合には、貸与型の「教育奨学金制度」及び「定時制通信制修学資金制度」があります。生徒本人へ貸与し、高校卒業後に返還していただきます。(大学進学などの理由で返還が困難な場合は、返還猶予を受けることができます。)

手続き等についてはこちら→各種奨学金のご案内

奨学金貸与制度

区分

貸与型奨学金
教育資金

貸与型奨学金
奨学金

定時制通信制
修学資金

対象者

高等学校

特別支援学校

専修学校高等課程

高等学校

高等専門学校

定時制生徒

通信制生徒

申請条件

保護者県内在住

有職者(通年・バイト可)

単位履修登録要件

成績条件

中学校3.5以上

高校3.0以上

なし

なし

連帯保証人

2人

2人

貸与額

公立自宅216,000円/年

公立自宅外276,000円/年

168,000円/年

所得制限

主たる家計支持者の認定所得が収入基準以下
(目安:4人世帯で807万未満)

世帯全員の収入が生活保護基準1.5倍未満等
(目安:4人世帯で425万円未満)

保護者等それぞれの市町村民税所得割額が51,300円未満

(目安:保護者等それぞれの年収350万円未満)

返還方法

卒業後に分割等で返済

卒業した場合は返還免除

5お問い合わせ先

御不明な点は、下記へお問い合わせ願います。

公立学校・・・入学・在学する高等学校(事務室)

私立学校・・・静岡県文化観光部私学振興課小中高専修班:電話054-221-2065

お問い合わせ

教育委員会高校教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3111(学校支援班)

ファックス番号:054-251-8685

メール:kyoui_koko@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?