• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 教育委員会事務局 > 義務教育課 > 学校教育課【小中学校班】-子供たちの心の問題に対する相談体制について-

ここから本文です。

更新日:平成23年1月7日

子どもたちの心の問題に対する相談体制について

質問子どもたちの心の問題(いじめ、不登校等)について、相談体制はどのようになっていますか。

回答

各学校においては、子どもの心の問題に対応するために、校長、教頭、教育相談担当教員、生徒指導主任・主事、養護教諭等が中心となり、随時相談に応じたり相談週間を設けたりするなど、その学校の実情に応じた教育相談の在り方について研究を進め、その充実に務めています。
各市町教育委員会には、教育相談の窓口や不登校の児童生徒対象の「適応指導教室」を開設しているところもあります。
その他に、国の事業として、スクールカウンセラー等が配置されています。
スクールカウンセラーは、臨床心理士や精神科医等に委嘱し、児童生徒へのカウンセリング、教員や保護者への指導・助言を行うものです。(政令市を除くすべての公立小中学校に配置しています。)

 

質問相談を受けるにはどうしたらいいですか。

回答

スクールカウンセラー等の場合
    • お子様が通っている学校には、スクールカウンセラーが定期的に訪問するよう配置されていますので、直接学校に申し込んでください。

 

学校教育課小中学校班ホームページに戻る

お問い合わせ

教育委員会事務局義務教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3144(企画・指導班)

ファックス番号:054-221-3558

メール:kyoui_gimu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?