• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > OPEN!社会教育の扉 > 静岡県家庭の日

ここから本文です。

更新日:平成27年10月26日

静岡県家庭の日・静岡県家庭教育支援条例・キリングループとの連携に関する提携協定

「静岡県家庭教育支援条例」

「静岡県家庭教育支援条例」が、平成26年10月17日に制定され、10月28日に公布・施行されました。

家庭教育の自主性を尊重しつつ、社会全体が一体となって家庭教育支援に取り組み、子どもの健全な成長のために必要な生活習慣の確立、自立心の育成、心身の調和のとれた発達を図り、子どもたちが地域の宝として健やかに成長する静岡を実現することを目的としています。

 

「静岡県家庭教育支援条例」(PDF:93KB)

 

平成26年度「家庭教育を支援する為の施策の実施状況」

この「家庭教育を支援する為の施策の実施状況」は、静岡県家庭教育支援条例第18条の規定に基づくものです。
なお、施策の取りまとめに当たっては、同条第10条から第16条に示された7つの分野に分けて整理しました。

実施状況(PDF:1,169KB)

静岡県家庭教育支援条例(抄)

(年次報告)
第18条知事は、家庭教育を支援するための施策の実施状況について、毎年度、議会に報告するとともに、公表するものとする。

「静岡県家庭の日」とは?

「静岡県家庭の日」は、家族が家庭の役割等を考え、コミュニケーションを深める日です。

平成22年度までは、毎月第3日曜日を「静岡県家庭の日」としていましたが、お仕事のお父さんやお母さんもいらっしゃるため、平成23年10月1日から、それぞれのご家庭で都合のよい日に設定していただく形に変わりました。

それぞれのご家庭の状況に応じて、月に一度は「家庭の日」を設け、家族のふれあいを深めましょう。

 

「家庭の日」チラシ(PDF:158KB)

11月は「家庭教育を考える強調月間です」

県では、家庭教育の役割やその重要性を見つめ直す月として、毎年11月を家庭教育を考える強調月間と定めています。

 

キリングループとの連携に関する提携協定

 

県教育委員会は、平成26年12月12日、教育分野における一層の県民サービスの向上等を図るため、キリンビールマーケティング株式会社静岡支社及びキリンビバレッジ株式会社静岡支社と連携に関する提携協定を締結しました。

 

連携事項

(1)県政情報の発信に関すること

(2)子ども・青少年の育成支援に関すること

(3)家庭教育支援に関すること

(4)県民の健康増進に関すること

(5)その他、県政の推進や住民サービスの提供に関すること

 

提携協定締結式の様子(PDF:108KB)

 

県民の家庭教育に対する認識を深めるため、両社の協力により、「家庭の日」の広報活動を実施しました。家族が一緒に過ごし、コミュニケーションを高める「家庭の日」を啓発する内容が書かれた販売促進のための広告を作成し、県下販売店に掲示しました。

kirinpop

 

 

社会教育課トップページへ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3162

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?