• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > OPEN!社会教育の扉 > みんなで支える家庭教育

ここから本文です。

更新日:平成28年8月15日

家庭教育実態調査、みんなで支える家庭教育、家庭教育支援員養成研修会

平成28年度「静岡県家庭教育支援員養成研修会」を開催します!

県教育委員会では、家庭教育ワークシート「つながるシート」を活用した家庭教育講座の企画や進行など、

地域で求められる家庭教育支援を行う家庭教育支援員を養成します。

PTAの先輩ママ・パパさんや既に市町で活躍している子育てアドバイザーなど、子育て支援に関心のある方を募集しています。

また、スキルアップを目指して、平成27年度養成研修会に参加された方の再受講もお受けいたします。

参加者は、市町教育委員会と県PTA連絡協議会が推薦をします。

地域の方で、研修会に参加を希望される方は、各市町教育委員会へお問い合わせください。

PTAの関係者の方で、研修会に参加を希望される方は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

第1回養成研修会…「つながるシート」を活用した家庭教育講座の仕方など

8月6日(土曜日) 伊豆市生きいきプラザ
8月20日(土曜日) 掛川市県総合教育センター
8月27日(土曜日) 富士市交流センター

第2回養成研修会…話の聞き方・支援の心構えなど

10月29日(土曜日) 掛川市県総合教育センター
11月19日(土曜日) 伊豆市生きいきプラザ

11月26日(土曜日)

富士市交流センター

参加者の旅費は、県が負担します。(政令指定都市を除く)

平成28年度「静岡県家庭教育支援員養成研修会」実施要項(PDF:148KB)

平成28年度別紙様式1「申込書」(ワード:32KB)

平成28年度別紙様式3「実績報告書」(ワード:44KB)

平成28年度家庭教育支援員募集チラシ(PDF:221KB)

保護者の味方!「家庭教育支援員」が誕生しました

家庭教育ワークシート「つながるシート」を活用した家庭教育講座の企画や進行など、地域で求められる家庭教育支援活動を行う「家庭教育支援員」が誕生しました。家庭教育講座の開催等については、市町教育委員会に御相談ください。

家庭教育支援員はどんな人なの?
家庭教育支援員養成研修会で、家庭教育支援の知識とスキルを学んだ地域の方です。元教員、社会教育指導員、PTAの先輩ママ・パパなど様々な方が、市町教育委員会に人材登録されています。

どんな場で、何をするの?
行政や学校と協力をして、幼稚園や小学校、中学校の保護者会、懇談会、家庭教育学級、子育て講座などの親が集まる場で、子育てについての悩みや不安を、親同士が話し合う会などの進行を行います。

家庭教育支援員が地域の皆さんと協力すると!
家庭教育支援員の発展的な取組が期待されます。発展的な取組みは、学びの機会の提供の他、子育てサロンなどの保護者の居場所づくりや家庭教育に関する相談などがあります。地域の特性や保護者の実態、支援の必要性などにより、行政や地域の専門家と協力して、よりよい家庭教育支援を行うことができます。
家庭教育支援員の取組は、ボランティアが基本ですが、補助金等を活用し、有償での活動も可能です。

「親子が輝く家庭教育」リーフレット

県では、全ての保護者が安心して家庭教育が行えるよう、様々な家庭教育支援事業を実施しています。「親子が輝く家庭教育」リーフレットは、家庭教育支援員及び家庭教育支援チームの取組を中心に、活動内容を紹介しています。

リーフレット(PDF:940KB)

家庭教育支援員市町別名簿

家庭教育支援員への連絡は、市町家庭教育担当者へお願いします。

他市町に所属する「家庭教育支援員」を活用することもできます。

市町

氏名

市町

氏名

沼津市

平松みどり・天野美由紀

長泉町 鈴木真澄・関口裕美
熱海市

辻野美江子・藤間沙耶香

小山町 湯山兼治・湯山薫
三島市

小澤髙好・植野博美・北田ひろみ

江越弘道・杉山はるか・藤井由香

静岡市

水野美文・東良恵・漆畑由佳

杉山香織・市川久二子・新間伸子

前田康子・柳川由紀

富士宮市 佐野契子・塩川祐子 島田市

秋田美八子・嵐口みどり・鈴木玲子

浅井宏美・藤田和子

伊東市

山口康裕・上原佐恵子・稲葉ひとみ

鈴木幸枝・滝口叔子

焼津市 半田聖優怜・皨昇恭子・村松晶子
富士市 林いずみ・諏訪部由美子・渡邊真実 掛川市

鈴木綠・荒木百合子・近藤光博

岩尾千佳子・長谷川みどり・浅井正子

高柳純子・岩堀幸子・大井弘美

大野裕子・狩野好美・富田まゆみ

本多恵美子・松井たか子・村松みか

吉井伴実・山﨑美代子

御殿場市 山下清春・芹澤文夫 藤枝市

池上守・秋山弘・見崎亜希子

菅ケ谷香代

下田市 加嶋五十鈴・渡邉みどり・飯泉松文 御前崎市 増田喜巳子・松井敏子
裾野市 土屋八重子・渡邉直子・眞田由紀 菊川市 大川拓男・縣美恵子
伊豆市

平田玉枝・清水よし子・黒須淳美

志村香奈恵

牧之原市 横井寿子・田中才子
伊豆の国市 内山千惠子・松本香代子・小川文子 吉田町 市川賴子・松浦邦広
東伊豆町 柿沼悠子 浜松市

渡邊修一・新川辰彦・川上玲子

加藤ゆき子・仲井英和・神田政宏

寺田由記・竹内奈々惠・笠原純子

河津町 松下れい子 磐田市

伊藤亜津子・阿部裕美・阿部郁子

大庭隆子・玉澤くみ子:山中仁美

若井まち子

南伊豆町 佐野薫 袋井市

港京子・髙橋弘子・山田正八

鳥居由美子・近藤正美

函南町 長谷川園枝・髙橋桂子・望月英里 森町 山本奉子・佐野智恵・金田智世
清水町 藤井さやか・假屋貴代江・関亜矢子    

家庭教育支援の説明用資料

家庭教育支援員や家庭教育支援チーム等の取組を説明する家庭教育支援の資料を公開します。支援活動を行う際、ダウンロードして自由に御活用下さい。

家庭教育支援の説明用資料(PDF:4,618KB)

 

平成28年度「家庭教育支援員養成研修会」の開催について

平成28年度の「家庭教育支援員養成研修会」は、本年度と同様に実施します。平成28年度の「実施要項」等は、平成28年5月以降にホームページで公開いたします。多数の皆様の御参加をお待ちしております。

御質問や御要望は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

第2回「家庭教育支援員養成研修会」を開催しました

夏に行った第1回「家庭教育支援員養成研修会」に引き続き、多くの皆様に御参加をいただき、第2回「家庭教育支援員養成研修会」が開催されました。参加者の皆様、お忙しい中、養成研修会に参加していただき、ありがとうございました。

研修会の学びを生かし、地域で家庭教育支援活動を実施している家庭教育支援員の方からは、保護者の「子育ての参考になった。」「悩みや不安を話す機会が得られて良かった。」等の感想や、ややりがいについての報告がありました。家庭教育支援員同士が意見交換をすることを通して、参加者の家庭教育支援活動の意欲がより一層高まったと思います。

今後、参加者の皆様には、家庭教育講座の実施に加え、講座を開催した際等に、悩みのある保護者の話を聴いたり、就学時健診や入学説明会等のすべての保護者が集まる機会に行う「親学講座」を実施したりすることをお願いいたします。

養成研修会終了後、参加者から、「保護者に、誰かと話すことで思いを共有することの大切さ、楽しさを感じてもらいたい。」「保護者の悩みを聞くときは、答えは相手の中にあることを忘れずに支援したい。」「家庭教育支援員や市町の担当者と日常的に意見交換をしたい。」等の感想が寄せられています。

御質問や御要望は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

2misima1 2misima2
2kakegawa1 2kakegawa2
2izu1 2izu2

 

 

次第
開会
挨拶
講演・演習「心を支える人になるための心構え」:講師いぬかい小児科臨床心理士白井博美氏
演習(グループワーク)「地域の実態に合った家庭教育講座作り」:県教育委員会社会教育課地域・家庭班担当者
講義「すべての保護者に届ける家庭教育~親学講座~」:県教育委員会社会教育課地域・家庭班担当者
諸連絡
閉会

 

家庭教育支援員に家庭教育支援情報をメールで提供します

家庭教育支援員の資質及び能力の向上を目指し、講座の開催情報・事例報告・講座開催のノウハウ・疑問や課題等を、家庭教育支援員等にメールで情報提供しています。県が、各家庭教育支援員から地域の家庭教育支援情報を収集し、家庭教育支援員の皆様に発信することで、家庭教育支援員それぞれの力を全体に広めます。ぜひ情報提供及び御意見等を、県までお寄せ下さい。

(第1回の情報提供は、12月24日木曜日に行いました。メールでの情報提供を希望された方で、メールが届かない方は御連絡ください。携帯電話のメールアドレスを御登録の方は、フィルタリングの設定を変更する必要がある場合があります。)

情報提供を受ける場合は、メールアドレスの登録が必要になります。御希望の方は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

第1回「家庭教育支援員養成研修会」を開催しました

多くの皆様に御参加をいただき、第1回「家庭教育支援員養成研修会」が開催されました。参加者の皆様、暑い中、養成研修会に参加していただき、ありがとうございました。

養成研修会は和やかな雰囲気の中行われ、参加者は、メモをとりながら熱心に講義を聞いたり、演習に取組んだリしました。質問も積極的に出され、養成研修会をとおして、参加者の家庭教育支援活動への意欲が高まったと思います。

今後、参加者の皆様には、小・中学校の保護者会や懇談会、家庭教育学級等で開催される家庭教育講座で、「静岡県家庭教育支援員」として活躍されることを期待しています。

養成研修会終了後、参加者から、「実際にグループワークで使えると思える内容を教えてもらった。」「自分で体験して学べたのでとても良かった。」「様々な立場の方と出会えて楽しかった。」等の感想が寄せられています。

御質問や御要望は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

misima1 misima2
kakegawa1 kakegawa2
izu2 izu1

 

次第
開会
挨拶

講義1「家庭教育をめぐる現状と課題」:県教育委員会社会教育課地域・家庭班担当者

演習1「家庭教育ワークシート『つながるシート』の活用」:県教育委員会社会教育課地域・家庭班担当者

基調講演「心をつなぐグループエンカウンター」:講師静岡大学大学院特任教授石田純夫氏

演習2「心を開くアイスブレイキング」:講師静岡大学大学院特任教授石田純夫氏

諸連絡

閉会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査票「家庭教育支援員名刺台紙」は、9月30日までに、県教育委員会へファックス(054-221-3362)でお送りください。

(家庭教育支援員名刺について)

1名刺台紙が必要な家庭教育支援員は、調査票を県教育委員会へ提出する。

2県教育委員会は、希望者の自宅に名刺台紙を一人100枚郵送する。(県教育委員会は希望状況を市町家庭教育担当者に連絡する)

3支援員は名刺台紙の記載内容を市町家庭教育担当者に相談・確認する。(市町家庭教育担当者は記載内容を自由に決定する)

4支援員は、自己負担で名刺を印刷し、名刺を活用して家庭教育支援活動を実施する。

meisi

「家庭教育支援員養成研修会」の参加申込みは終了しました

平成27年度養成研修会参加申込みは終了しました。

100名を超えるたくさんの参加申込み、ありがとうございました。

参加者の皆様には、県教育委員会から、研修会開催についての通知をお送りいたします。

研修会についての御質問は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

「家庭教育支援員養成研修会」を開催します!

県教育委員会では、家庭教育ワークシート「つながるシート」を活用した家庭教育講座の企画や進行など、

地域で求められる家庭教育支援を行う家庭教育支援員を養成します。

PTAの先輩ママさんや既に市町で活躍している子育てアドバイザーなど、子育て支援に関心のある方を募集しています。

参加者は、市町教育委員会と県PTA連絡協議会が推薦をします。

地域の方で、研修会に参加を希望される方は、各市町へお問い合わせください。

PTAの関係者の方で、研修会に参加を希望される方は、県教育委員会へお問い合わせください。(電話054-221-3115)

 

第1回養成研修会…つながるシートを活用した家庭教育講座の仕方など

8月8日(土曜日) 三島市民文化会館
8月22日(土曜日) 掛川市県総合教育センター
8月29日(土曜日) 伊豆市生きいきプラザ

 

第2回養成研修会…基本的な相談対応の仕方など

11月14日(土曜日) 三島市民文化会館
11月28日(土曜日) 掛川市県総合教育センター

12月5日(土曜日)

11月21日(土曜日)より変更

伊豆市生きいきプラザ

 

家庭教育支援員養成研修会実施要項(PDF:143KB)

別紙様式1「申込書」(ワード:31KB)

家庭教育支援員チラシ(PDF:200KB)

別紙様式3「実績報告書」(ワード:44KB)

家庭教育ワークシート「つながるシート」が完成しました!

県教育委員会では、子育てや家庭教育について、親同士が話し合いをする時に使うワークシート「つながるシート」を作成しました。

このシートは、子育てや家庭教育について、親の悩みや不安の軽減に「つながる」、話し合いの中で親同士が「つながる」、互いに学び合い、親として育ち合うことが、子どもの健やかな成長に「つながる」ということから、「つながるシート」と名前をつけました。

シートには幼児、小学生、中学生の親を対象としたものがあり、それぞれ項目別に8枚、9枚、7枚のシートがあります。

項目には、生活習慣、親の心構え、規範意識、家庭学習、ネット社会など、子育てや家庭教育について、保護者の関心が高いものを取り入れました。

幼稚園や保育園、小学校、中学校の保護者会、懇談会、家庭教育学級、子育て講座などで、ぜひ御活用ください。また、公民館、児童館、子育て支援センター、地域の子育てサロン、子育てサークル等が行う、親子ふれあい活動、子育て講座、子育て学習会でも御活用ください。

「つながるシート」の活用について(PDF:612KB)

アイスブレイク集(PDF:133KB)

「つながるシート」(幼児期版)(PDF:878KB)「つながるシート」(幼児期版)(ワード:2,160KB)

「つながるシート」(学童期版)(PDF:784KB)「つながるシート」(学童期版)(ワード:2,111KB)

「つながるシート」(思春期版)(PDF:702KB)「つながるシート」(思春期版)(ワード:1,852KB)

「つながるシート」の展開例(幼児期版)(PDF:140KB)

「つながるシート」の展開例(学童期版)(PDF:151KB)

「つながるシート」の展開例(思春期版)(PDF:135KB)

「つながるシート」のリーフレット(幼児版)(PDF:516KB)

「つながるシート」のリーフレット(小学生版)(PDF:554KB)

「つながるシート」のリーフレット(中学生版)(PDF:551KB)

家庭教育ワークシート「つながるシート」を追加しました!

幼児、小学生、中学生の親を対象としたシートに加え、新たに3段階のワークシートを追加しました。新しいワークシートは、将来親になる中・高・大学生が、子育ての楽しさや意義を理解するための未来の子育て世代版。子どもの発育・発達など、専門的な悩みが多いと考えられる乳幼児版。豊富な子育ての知恵と経験を、孫育てなどに生かすことが期待されるシニア版です。

「つながるシート」の内容は、保護者等の実態や必要に応じて、自由に変更してください。また、新しいワークシートの要望やご意見等がありましたら、社会教育課までご連絡ください。

「つながるシート」(未来の子育て世代版)(PDF:687KB)「つながるシート」(未来の子育て世代版)(ワード:1,780KB)

「つながるシート」(乳幼児版)(PDF:477KB)「つながるシート」(乳幼児版)(ワード:784KB)

「つながるシート」(シニア版)(PDF:449KB)「つながるシート」(シニア版)(ワード:377KB)

「つながるシート」の展開例(未来の子育て世代版)(PDF:136KB)

「つながるシート」の展開例(乳幼児版)(PDF:132KB)

「つながるシート」の展開例(シニア版)

「つながるシート」のリーフレット(未来の子育て世代版)(PDF:2,407KB)

「つながるシート」のリーフレット(乳幼児版)(PDF:2,431KB)

「つながるシート」のリーフレット(シニア版)(PDF:2,547KB)

「平成23年度家庭教育実態調査」について

静岡県教育委員会社会教育課では平成23年度に、現在小学校3年生の子どもを持つ親を対象として、

家庭における教育の実態、親の意識やニーズ等について調査をしました。

調査方法、調査内容などについては以下のとおりです。

 

【調査の概要】

(調査地域)静岡県全域(全35市町から24市町を抽出)

(調査対象)小学校3年生の保護者(日ごろ家庭教育を行うことが多い保護者)

(標本数)2,380人(35人(1クラス)×68学級)

(調査方法)選択肢方式、全20問

(調査内容)家庭の状況、家庭教育への意識や状況、悩みや不安、今後の希望等

(調査時期)平成23年7月

【回収率】

配布数

有効回収数

有効回収率

2,380

2,230

93.7%

 

「平成23年度家庭教育実態調査」調査用紙(PDF:256KB)

「平成23年度家庭教育実態調査結果報告書」(PDF:921KB)

「平成23年度家庭教育実態調査結果報告書(概要版)」(PDF:331KB)

「平成24年度家庭教育実態調査」について

静岡県教育委員会社会教育課では、平成24年度に中学校2年生の子どもを持つ親を対象として、

家庭における教育の実態、親の意識やニーズ等について調査をしました。

調査方法、調査内容などについては以下のとおりです。

【調査の概要】

(調査地域)静岡県全域(全35市町から25市町を抽出)

(調査対象)中学校2年生の保護者(日ごろ家庭教育を行うことが多い保護者)

(標本数)2,345人(35人(1クラス)×67学級)

(調査方法)選択肢方式、全19問

(調査内容)家庭の状況、家庭教育への意識や状況、悩みや不安、今後の希望等

(調査時期)平成24年7月

【回収率】

 

配布数

有効回収数

有効回収率

2,345

1,985

84.6%

 

「平成24年度家庭教育実態調査結果報告書」(PDF:3,281KB)

「平成24年度幼児期における家庭教育実態調査」について

 

静岡県教育委員会社会教育課では、平成24年度に幼稚園・保育園に通う4歳児の子どもを持つ親を対象として、

家庭における教育の実態、親の意識やニーズ等について調査をしました。

調査方法、調査内容などについては以下のとおりです。

【調査の概要】

(調査地域)静岡県全域(全35市町から27市町を抽出)

(調査対象)幼稚園・保育園等に通う4歳児の保護者(日ごろ家庭教育を行うことが多い保護者)

(標本数)2,624人

(調査方法)選択肢方式17問、自由記述1問、全18問

(調査内容)家庭の状況、家庭教育への意識や状況、悩みや不安、今後の希望等

(調査時期)平成25年2月

【回収率】

 

配布数

有効回収数

有効回収率

2,624

2,310

88.0%

「平成24年度幼児期における家庭教育実態調査結果報告書」(PDF:875KB)

リーフレット「みんなで支える家庭教育~広げよう、家庭教育支援の輪~」

「みんなで支える家庭教育」リーフレットは、「平成23・24年度家庭教育実態調査」の結果をもとに、必要と考えられる家庭教育支援の方向性などについてまとめたものです。

小学校や中学校のPTA役員の方など、親の身近なところで家庭教育を支援する機会のある方に、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

「みんなで支える家庭教育~広げよう、家庭教育支援の輪~(小学校版)」(PDF:1,412KB)

「みんなで支える家庭教育~広げよう、家庭教育支援の輪~(中学校版)」(PDF:401KB)

 

リーフレット「親が集い、つながり、学ぶ」PTA活動事例集

静岡県では、親の子育てについての悩みや不安を軽減したり、親の仲間づくりをしたりする活動を応援しています。

「親が集い、つながり、学ぶ」PTA活動事例集リーフレットは、小学校、中学校のPTA活動で取り組まれている「親が集い、つながり、学ぶ」活動を紹介したものです。小学校や中学校のPTA役員の方など、親の身近なところで家庭教育を支援する機会のある方に、ぜひ参考にしていただき、今後のPTA活動に取り入れていただければと思います。

「親が集い、つながり、学ぶ」PTA活動事例集(PDF:1,223KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3162

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?