• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > OPEN!社会教育の扉 > 日中青年代表交流 > 平成25年度日中青年代表交流「静岡県交流」を実施しました

ここから本文です。

更新日:平成25年12月19日

平成25年度日中青年代表交流「静岡県交流」を実施しました

概要

  1. 日程平成25年11月1日(金曜日)~11月4日(月曜日)3泊4日
  2. 場所静岡県庁、ホテルアソシア静岡、他県内各地
  3. 参加者静岡県参加青年25名、浙江青年友好代表団20名(内訳)役員3名、浙江省参加青年17名他
  4. 行程岡県交流行程表(PDF:99KB)を参照ください。

交流内容

浙江青年友好代表団知事表敬訪問

静岡空港に到着した訪問団は、まず、川勝県知事を表敬訪問しました。知事から訪問団団長に赤富士の駿河蒔絵(するがまきえ)を施した額が贈られました。25静岡県交流知事表敬訪問25静岡県交流空港到着

歓迎レセプション

浙江青年友好代表団の静岡県への来訪を歓迎して、歓迎レセプションを開催しました。県議会議員や県内の交流関係者など、多くの来賓が出席され、青年との交流を深めました。

恒例となっている、日中青年による「出し物」では、柔道や相撲、チェロ演奏、歌などが披露され、最後には出席者全員で中国語で「朋友」を合唱し、会場は大いに盛り上がりました。25静岡県交流レセプション歌25静岡県交流レセプションチェロ25静岡県交流レセプション柔道

ホームステイ

浙江省の青年が、交流パートナーである静岡県側の青年家庭等に宿泊して、1泊2日のホームステイを行いました。初来日、初来静の青年が多く、温泉や地域の祭り、ラフティング、山登り、バーベキュー、柿狩り、お茶体験など、静岡の魅力が詰まった「おもてなし」に、浙江省の青年は大変満足していました。25静岡県交流ホームステイお茶25静岡県交流ホームステイ柿25静岡県交流ホームステイラフティング

 

青年意見交換会

日中の青年が5つの班に分かれ、それぞれ設定したテーマについて約1時間の意見交換を行い、各班の代表者が議論の内容を発表しました。

テーマは、「豊かさ」や「幸せ」について、「ワークライフバランス」、両国が直面する「少子高齢化」の問題、そして「日中の食文化の共通点と違い」でした。

同世代の日中青年が、共通して感じる思いとともに、考え方や価値観の違いを知り、相互理解が深まった貴重な時間でした。25静岡県交流意見交換会発表25静岡県交流意見交換会

浙江青年友好代表団県内学校・企業視察

訪問団は、11月2日(土曜日)に、本県青年の1人が勤務する菊川市立堀之内小学校の学校公開の様子を視察しました。

児童が生き生きと活発に発表しあう授業や、教室の内外に飾られた数多くの掲示物に、浙江省の青年は大きな関心を示していました。25静岡県交流学校視察

 

 

 

 

 

11月4日(月曜日)には、焼津市にあるサッポロビール静岡工場を視察しました。工場長から企業の概要説明を受けた後、工場内やビオトープ園の見学などを行いました。25静岡県交流企業視察

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3312

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?