• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 教育・文化 > 生涯学習 > OPEN!社会教育の扉 > わたしの主張

ここから本文です。

更新日:令和元年11月7日

わたしの主張

「わたしの主張」とは・・・

中学生年齢の青少年が日常生活の中で考えていることを広く県民に訴えることにより、自分以外の者や社会とのかかわりについて考え、社会の一員としての自覚を高めるきっかけとするとともに、青少年の健全育成に対する県民の理解と関心を深めるため実施しています。

 

「わたしの主張」は、昭和54年の国際児童年をきっかけに開催され、令和元年度で41回目を迎える歴史ある大会です。

令和元年度「わたしの主張2019静岡県大会」

令和元年度の静岡県大会は、8月21日(水曜日)、磐田市竜洋なぎの木会館にて開催されました。

事前審査で選ばれた13名の中学生が、それぞれの思いを生き生きと発表しました。

審査の結果、静岡市立清水両河内中学校の望月香琳さんが最優秀賞に選ばれ、全国大会の候補者として推薦されました。

来場した中学生全員の投票による「共感賞」は、浜松市立高台中学校の池上彩花さんが受賞し、中学生審査員代表から賞状と記念品が手渡されました。

集合写真2019最優秀賞2019共感賞2019

《審査結果》

審査結果2019

出場者の皆さんの作文はこちら(PDF:361KB)

《参考資料》

わたしの主張2019ポスター

「わたしの主張2019」静岡県大会実施要綱(PDF:63KB)

原稿募集要領(PDF:136KB)

審査基準(PDF:46KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会社会教育課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-3312

ファックス番号:054-221-3362

メール:kyoui_shakyo@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?