ホーム > 県警について > 静岡県警察の取り組み > 平成29年静岡県警察運営指針

ここから本文です。

更新日:平成29年1月1日

平成29年静岡県警察運営指針

「県民の期待と信頼に応える警察~正・強・仁~」

静岡県警察は、県公安委員会の管理の下、県民と協働して以下の重点目標に取り組みます。

重点目標

安全で安心できる犯罪の起きにくい社会づくり

  • ストーカー、配偶者暴力及び児童虐待などの人の生命・身体の安全を脅かす事案に対しては、被害者の安全を最優先にした対策を推進します。
  • 高齢者などを狙う振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害防止に向けて取組を一層強化するとともに、インターネットを悪用したサイバー犯罪など日常生活を脅かす犯罪から県民を守ります。
  • 地域ごとに犯罪情勢を細かく分析し、防犯ネットワークなどを活用して、タイムリーに情報発信することで、県民の自主防犯活動を促進するとともに、犯罪に対する抵抗力を高めていきます。
  • 学校や地域、その他関係機関と連携して、少年非行やいじめを防止するとともに、子供や女性を性犯罪などの被害から守ります。
  • 健全で魅力ある街づくりに向け、悪質な風俗営業を排除し、良好な生活環境を守ります。

地域と密着した活動の推進及び身近な不安の解消

  • 地域の犯罪や交通事故の発生状況に即した効果的なパトロールを推進し、事件事故の抑止や犯罪の検挙に努めます。
  • 110番通報などに対しては、パトカーなどの機動力を最大限に活用して、迅速・的確な事案の対応に努めます。
  • 警察署協議会、交番・駐在所連絡協議会、巡回連絡などを通じ、県民の要望の把握に努めるとともに、事件事故の発生状況や防止策など身近な情報を発信し、県民の不安解消に努めます。

人に優しい交通安全社会の実現及び交通事故の抑止

  • 県民を交通事故から守るため、子供や高齢者を中心に、地域の交通実態に応じた参加・体験・実践型の交通安全教育や広報啓発活動を推進します。
  • 交通事故などの情報を積極的に提供・発信し、社会全体に安全意識の醸成を図ります。
  • 歩行者や自転車利用者の交通ルール遵守に向けた交通指導・取締りを強化するとともに、通学路や自転車の安全な通行環境の整備に努めます。
  • 飲酒・無免許運転、過労運転や横断歩行者妨害、一時不停止を始めとした交差点違反などの重大な交通事故に直結する悪質・危険性の高い交通違反の取締りなど街頭活動の強化に努めます。
  • 改正道路交通法の柱である高齢運転者対策を適切に推進します。

凶悪な犯罪や暴力団などによる組織的な犯罪の徹底検挙

  • 殺人や強盗などの凶悪な犯罪に対する初動捜査を徹底するとともに、被害者に危険が及び凶悪な犯罪に発展するおそれのある事件、特殊詐欺などの知能犯罪、県民の体感治安に多大な影響を与える空き巣やひったくりなどの重要窃盗犯の捜査を強化し、早期検挙に努めます。
  • 暴力団による犯罪、覚醒剤・大麻などの薬物犯罪、偽装結婚・地下銀行などの外国人犯罪の徹底検挙と実態解明に努めます。
  • 関係機関、団体などとの連携・協力体制を強化し、各種業界や地域からの暴力団排除に向けた活動を推進します。
  • 新時代の刑事司法制度に対応した警察捜査の構築と適正捜査の徹底により、多様化する犯罪に対応します。

テロ、大規模災害など緊急事態対策の推進

  • テロの未然防止のため、原子力発電所など重要施設の警戒警備を始め、各種テロ対策を推進します。
  • 東海地震などの大地震や台風・豪雨などによる大規模災害に的確に対応できるよう対策を推進します。

警察活動を支える基盤の充実強化

  • 誇りと使命感を持った、真に警察職員としてふさわしい人材の確保と高い倫理観、実務能力を兼ね備えた職員の育成に努めます。特に若手警察官の早期戦力化を図ります。
  • 女性警察官の採用・登用の拡大を図り、活躍推進に向けた各種施策に取り組みます。
  • 働き方改革とワークライフバランスの推進による円滑で効率的な現場本位の組織運営と魅力ある職場環境づくりに努めます。
  • 犯罪被害者などへの支援充実及び苦情・相談への真摯な対応に努めます。

印刷用資料(PDF:178KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県警察本部警務部警務課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)