ここから本文です。

更新日:平成30年8月20日

制限外積載等許可の申請用紙

車両に荷物など載せる場合に、下記の基準を超えると制限外積載許可の申請が必要となります。

※1車両1ルート1申請が原則です。

制限外積載許可の申請が必要な場合

以下の基準を超えて積載する場合は、出発地を管轄する警察署長の許可が必要です。

※制限外けん引許可の場合は、車両全長25.0メートルを超える場合に必要です。

※二輪車や軽車両など、または詳細については静岡県警察本部交通部交通規制課、またはお近くの警察署の交通課(交通第一課)にお尋ね下さい。

※有料道路を通行する場合には、事前に道路管理者の許可が必要な場合があります。確認後、経路を選択してください。

申請に必要な書類

※申請書はお近くの警察署や交番・駐在所、または下記から入手できます。

制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可

制限外積載等申請書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2通(正・副)

制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請書(PDF:14KB)制限外積載・設備外積載・荷台乗車許可申請書(ワード:43KB)

次の書類が必要です。※2通(正・副)

  • 運行経路図
  • 積載状態図(長さ、幅、高さが記載されたもの)
  • 場合によっては、道路管理者が交付する特殊車両通行許可証

制限外けん引許可

制限外けん引許可申請書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2通(正・副)

制限外けん引許可申請書(PDF:9KB)

※運転経路図などの書類が必要です。

※場合によっては、道路管理者が交付する特殊車両通行許可証や積載状態図などが必要になります。

特殊車両通行許可とは・・・

車両の構造が特殊・輸送する貨物が特殊なため、一般制限値を超える車両『特殊な車両』は、通過する道路を管理している道路管理者(国土交通省・県及び市町村役場)の通行許可が必要です。詳しくは、通過する道路の道路管理者にお尋ね下さい。

一般的制限値

総重量 20.0トン
輪荷重 5.0トン
輪重 10.0トン
隣接輪重
  • 隣り合う車軸の軸距1.8m未満・・・18.0トン
    (ただし、隣り合う車軸の軸距が1.3m以上で、かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5トン以下のときは19.0トン)
  • 隣り合う車軸の軸距が1.8m以上・・・20.0トン
最小回転半径 18.0m

 

車両の構造が特殊

一般的制限値のいずれかが超える車両で、

トラッククレーン等自走式建投機械

【特例5車種】

  • パン型セミトレーラ
  • タンク型セミトレーラ
  • 幌枠型セミトレーラ
  • コンテナ用セミトレーラ
  • 自動車運搬用セミトレーラ
  • フルトレーラ

【追加3車種】

  • あおり型セミトレーラ
  • スタンション型セミトレーラ
  • 船底型セミトレーラ

【その他】

  • 海上コンテナ用セミトレーラ
  • 重量物運搬用セミトレーラ
  • ポールトレーラ

をいいます。

貨物が特殊

分割不可能で一般制限値のいずれかを超える貨物をいいます。

申請先

制限外積載等許可申請

出発地を管轄する警察署、または交番・駐在所

【交番・駐在所】

交番・駐在所に申請を希望される方は、

  • 事故事件等により不在の場合
  • 積載等の状況によっては、受理できない場合

がありますので事前に確認をお願いします。

※県外へ行かれる場合は、出発地を管轄する警察署に申請願います。許可に日数がかかる場合がありますので、早めの申請をお願いします。

制限外けん引許可申請

出発地を管轄する警察署のみとなります。(警察署経由で公安委員会申請となります。)

※県外へ行かれる場合などは、許可に日数がかかる場合がありますので、早めの申請をお願いします。

問い合わせ先

静岡県警察本部交通部交通規制課

(電話054-271-0110 内線5555)

または、お近くの警察署の交通課(交通第一課)規制係

静岡県内の警察署

へお尋ね下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部交通規制課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)