ホーム > 交通安全 > 二輪車の交通事故防止について > 二輪車やライダーの特性

ここから本文です。

更新日:平成28年6月23日

二輪車やライダーの特性

二輪車やライダーの特性

二輪車の特性

二輪車やライダーの特性

  • バランスを取って走行する乗り物でありバランスを崩すと、ハンドルを取られたり転倒の原因になる
  • ブレーキが前後輪を別々に操作する必要がある(車種によっては前後輪同時に作動するものもあり。)

ライダーの特性

  • 路面の凹凸などへの注意が必要となり、視界が路面中心となりやすい
  • 相手からは自分の姿がしっかり見えていると思っている

四輪車からどのように見られているか

二輪車やライダーの特性2

  • 車体が小さいため遠くに見えたり速度が低速に見られる
  • 特に、夜間は見落とされやすい

事故防止のポイント

  • なるべく遠方や左右を意識した目配りを
  • カーブの手前では十分に減速、安全速度で走行を
  • ブレーキはハンドルを切らない状態で使用を
  • 順序良くシフトチェンジしてエンジンブレーキの上手な使用を
  • 相手は自分に気づいていないかもしれないという気持ちで運転を

二輪車やライダーの特性3

 

 

静岡県は伊豆方面や富士山周辺など、ツーリングでにぎわう地域がたくさんあります。

 

ライダーの皆さんは、ルールを守って、安全・快適なツーリングにご協力お願いします。

 

 

お問い合わせ

静岡県警察本部交通部交通企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)