ホーム > 暮らしの安全 > 犯罪被害にあわないために > アダルトビデオ出演強要に関する問題

ここから本文です。

更新日:平成29年6月22日

アダルトビデオ出演強要に関する問題

相談事例

悪質なスカウトは「モデルになりませんか?」などと偽って、近づいてきます。

  • 街中で、スカウトから「モデルになりませんか。」と勧誘され、付いて行ったら、財布等を取り上げられ、男数人に囲まれた状態でアダルトビデオ出演に関する契約書を交わすことを強要され、出演させられた。
  • 街中で、スカウトから「ヘアモデルをやらないか。」と勧誘され、断り切れずに事務所に行き、契約させられた。実はアダルトビデオの会社で、意に反して、裸の写真を撮られそうになった。

インターネット上でモデルの募集に応募にしたら、実はアダルトビデオの撮影だった。

  • インターネット上で、高収入をうたったアルバイトの募集に応募し、詳しい業務内容を聞かずに、相手方を訪ねて、そこで免許証と保険証を渡した。内容がアダルトビデオの撮影ということを告げられて、拒否したが、契約しないと免許証等が戻らないと思い、契約書に署名してしまった。
  • インターネット上で、ファッションモデルの撮影だと思って応募したが、実際はアダルトビデオの撮影と分かったが、断ることができず撮影に応じ、更に撮影された動画が無修正で海外から発信された。

タレント契約したと思ったら、AV撮影だった。断ると、違約金や賠償金を請求された。

  • 街中でスカウトされ、芸能会社とタレント契約をし、グラビアの撮影と思って現場に行くと、アダルトビデオの撮影だったので、拒否したが、「損害を弁済してもらう。」等と脅されたりして、出演させられた。
  • 街中でグラビアモデルとしてスカウトされ、相手の言うとおりに契約書にサインした。マネジャーから「仕事が来た。」と言われたが、アダルトビデオの撮影だったので断ろうとしたが、「キャンセルしたら違約金がかかる。」等と言われ、アダルトビデオに出演させられた。

検挙事例

芸能プロダクションに所属していた女性をアダルトビデオ制作会社に派遣したとして、同プロダクションの元社長等3人を労働者派遣法違反(有害業務派遣)で検挙(平成28年6月、警視庁)

被害者の状況

被害女性は、雇用関係を結ぶに当たり、アダルトビデオ出演を告知されず、モデルとして採用されていたが、その後、アダルトビデオの仕事と知って出演を拒否したところ、「違約金を払え。」等と言われて、仕方なく出演し続けていた。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活保安課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110(代表)