ここから本文です。

更新日:平成30年7月2日

サイバー犯罪検挙状況

重要情報

静岡県警の検挙状況

 

 cyber29のグラフ

 

 

平成29年の検挙事例

平成29年には、大手ポータルサイトになりすましたウェブページを使ったセキュリティ対策ソフト販売名目の詐欺事件を検挙した。

特徴

スマートフォンの盗難・紛失の対策アプリを悪用して遠隔操作等で個人情報を摂取する事案が発生している。

ネットバンク不正送金事犯においては、全国で被害件数425件、被害金額約10億8,100万円と、前年と比較して、被害件数-866件、被害金額約-6億600万円下回った。減少の要因としては金融機関のモニタリング強化による被害の減少等が挙げられる。本県においても被害件数10件、被害金額約786万円と、前年と比較して、被害件数-150件、被害金額約-1,129万円で、被害額が下回った。

対策

  • ウイルス対策ソフトを導入しパターンファイルを最新の状態に更新
  • パソコンのOSやインストールされている各ソフトを最新の状態に更新
  • 携帯電話のメールやトークンを使ったワンタイムパスワードの利用
  • 同じパスワードを複数サイトで使い回さない

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110(代表)