ホーム > 暮らしの安全 > 犯罪被害にあわないために > サイバー犯罪対策課からのお知らせ > インターネットバンキング利用者の不正送金被害が急増中

ここから本文です。

更新日:平成27年4月24日

インターネットバンキング利用者の不正送金被害が急増中

1. 犯行の概要

利用者が、金融機関の正規のインターネットバンキングのページにログインすると、正規画面を装った偽画面やポップアップ画面が表示され、

システムのメンテナンスや機能向上のためにお客様情報の再入力をお願いします。

などの記載とともに、

  • 第2暗証
  • 質問、合言葉
  • インターネット用暗証番号

などの入力フォームが表示されるなど、インターネット利用者のパソコンにウイルスを感染させてID・パスワード等を不正に取得するものです。

2. 対策

  • 金融機関が、送金等取引時以外に、ログイン後あらためてID・パスワードや、乱数表などの入力を求めることはありません。決して入力しないでください。
  • パソコンがウイルスに感染している可能性が高いことから、ウイルス対策ソフトの導入と、最新のパターンファイルを導入したウイルス対策ソフトによるウイルス検知及び駆除を実施してください。また、OSや、Java、Adobe Flash Player、Adobe Readerなどをアップデートしてください。
  • 金融機関が提供するワンタイムパスワードや、不正送金対策ソフトなどのセキュリティサービスを導入してください。

静岡県警察本部サイバー犯罪対策課

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110(代表)