ホーム > 暮らしの安全 > 身近な犯罪情報 > ドロボーのひとり言 > ドロボーのひとり言(自動販売機ねらい編)

ここから本文です。

更新日:平成27年1月30日

ドロボーのひとり言(自動販売機ねらい編)

こんな自動販売機は仕事が楽々!

工事現場に設置された自動販売機

当たり前だけど、俺たちドロボーは夜間など、人が寝静まった時間帯を狙って仕事をするんだね。

俺たちは「闇」を隠れミノに行動するから、夜は天国さ。そんな中でも工事現場は断然仕事がしやすいね。

工事現場って夜間は人がいないだろ?だから派手に大きな音を立てても、騒いでもおかまいなしさ。

周囲が囲われていなかったり、複数の自動販売機を離して設置している。

自動販売機を壊すとき工具を使うんだけど、自動販売機の周りにスペースがあると仕事がしやすいよね。だって、このスペースを利用して自由自在に工具を操ることができるからっ、アッという間にお金はいただきさ。

一般的なセンサーライトなどを設置して安心している自動販売機。

自動販売機と同じく、外付けのコンセントから電源を供給しているセンサーライトや警報ブザーを設置したからって、何の役にも立たないぜ。そんなのコンセントを抜いたら、おしまいさ。

コンセントを抜くドロボーのイラスト

盗難防止措置が何も取られていない古いタイプの自動販売機。

昔のタイプの自動販売機は、仕事がやりやすいんだな。えっ、何故かって?そりゃあ、昔は俺たちみたいな頭のいいドロボーが少なかったから、メーカーがあまり防犯対策に力を入れていなかったからさ。だから色んな手口で仕事ができるよ。

でも、最近はメーカーも防犯対策に力を入れるようになってきて、俺たちも仕事がやりづらいよ。やな世の中だねぇ。まぁ、詳しい防犯対策は後で話すよ。

旧型の自販機を狙うドロボーのイラスト

高速道路のインターチェンジ周辺や幹線道路沿いに設置された自動販売機。

自動販売機って、1台1台のもうけは大したことないんだよな。でも、1回の仕事に要する時間はほんのわずか。だから一晩に数十回仕事ができるってわけ、質より量だね。で、高速道路のインターチェンジ周辺や幹線道路沿いは最高の仕事場!連続して仕事ができるし、万が一見つかっても遠くへ逃げられるだろ?

こんな自動販売機はキビシーッ!

こまめに売上金が回収されている自動販売機。

いくら続けて仕事ができるっていったって、自動販売機を開けてみたら「中身が空っぽ」ってのはつらいね。せっかく苦労して開けたのにぃ…、涙がでるよ。

密着して設置されている自動販売機。

機械が壁なんかに密着していたり、機械が互いに連結されていたりすると、ムカつくね。工具が入らないだろ!それじゃあ、いくら腕のいい俺たちだってお手上げさ。

防犯カメラや警報装置が設置されている自動販売機。

最近の自動販売機には、防犯カメラで周囲を撮影できるタイプもあるようだね。俺たちにとって、姿を撮影されるってのは最悪だよ。おまけに「通報します!」なんてでっかい声で脅すタイプまであるようだ。もう、ビビっちゃうよ。

もしかしたら、ダミーかもしれないけれど、そんなの確かめている余裕なんてあるわけないだろっ!万が一、ダミーだったら、設置した人は「ドロボーを騙す」大悪人さ!

警報装置に驚くドロボーのイラスト

様々な盗難防止措置が施された、最新式の自動販売機。

最新式の自動販売機には、ドアヒンジ(ちょうつがい)部が内側に設置され、破壊できないようになっているタイプもあるみたいだね。また、携帯電話やICカードで買い物をするため、現金を使用しないタイプのものまで出てきているようだ。メーカーもなかなかやるなあ!

蝶番が無い新型自販機のイラスト

様々な盗難防止措置を施し、堅牢化を図った従来の自動販売機。

旧式の自動販売機だからって甘く見ると、意外と手強い時があるんだな。機械自体は古くても、部品のあとづけや改良で防犯性を高めている自動販売機があるからね。防犯対策が取られていることが一目でわかるし、管理者の防犯意識が高いってことの証明だから、仕事をする気が失せるよ。

自動販売機に装着可能な盗難防止装置

振動センサーのイラスト

乾電池で作動。自動販売機前扉と本体にセンサーをマグネットで接着。解除しないで無理に扉をこじ開けると大音量で警告します。(1万円くらい)

ヒンジガードのイラスト

ドアヒンジ部にカバーを装着し、工具でのヒンジ部の切断やこじ開けを防ぎます。(5,000円くらい)

バー状ロックのイラスト

バーが側面から前面にかけてガードするため、前面扉のこじ開けや前面パネルの破壊を防止します。(2万円~3万円くらい)

コーナーロックのイラスト

比較的少ないスペースでも設置でき、チェーンを使用しないため切断による破壊を防ぐことができます。左右どちらにも設置可能なタイプもあります。(1万円~2万円くらい)

逮捕された自販機バスターのイラスト

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)