ホーム > 暮らしの安全 > 身近な犯罪情報 > ドロボーのひとり言 > ドロボーのひとり言(下着ドロボー編)

ここから本文です。

更新日:平成27年1月30日

ドロボーのひとり言(下着ドロボー編)

このコーナーは、県東部で検挙された女性用下着を専門に狙うドロボーの供述を基に作成したものです。

こんなところに目を付けた!!

俺のターゲットは、アパートのベランダに干された下着さ。主に、1階のベランダを狙ったね。どうしてかって?決まってるだろ!1階なら、チョチョイと盗んですぐ逃げられるじゃないか。だけど、2階のベランダに気に入った下着があれば、頑張ってよじ登ったな。気に入った下着はどうしても手に入れたいからさ。

どの部屋のベランダだったら目立たないで盗めるか

つまり、完全に死角があるベランダが、俺にとっての絶対条件だったな。当たり前だろ?見つかるリスクが少ないじゃないか。

まずは、ベランダに女物の下着が干してあるか探すのさ。女物の下着があったらすぐに盗むのかって?バカ言うなよ!俺だって捕まりたくないからな。

  • ベランダが通りに面していないこと
  • 人通りがないこと
  • 男物の下着が一緒に干してないこと

しっかり下見をしたね。特に、男物の下着には注意したぜ。だって、男物の下着が干してあるってことは、その部屋に男がいるかも知れないってことだろ?せっかくうまく盗んでも、男に見つかって捕まりでもしたら、もともこもないじゃないか。だから、気に入った下着が干してあっても、男物の下着が一緒に干してあるときは、泣く泣くあきらめたね。

同じ場所でもまた狙う!!

一度成功した場所に、何度も盗みに入ったことがあったな。何回盗んでも成功するからなんだ。でも、そこに住んでいる女の子もどうかと思うよ。盗られることに対して危機感ゼロってことだろ?俺もプロだからな。そこに住んでいる女の子が、下着を盗まれないように気をつけているかどうかくらい、すぐにお見通しさ。

人目が気になった!

ヤルときに、一番気になったのは人の目だったね。最近、ボランティアだかなんだか知らないが、パトロールしている連中が多いだろ?いつどこで、この連中と出くわすかわからないからヒヤヒヤもんだったぜ。

ウォーキングをしている人も多かったから、この人たちにも注意したね。

こんな点に気をつけろ!

こんな俺が言えた義理じゃないけど、女の子たちに言いたいね。

人目に付くところに下着を干すな!

一人暮らしの女の子は、ベランダに下着を干さないことがベターだな。干してなければ盗まれることもないってことさ。
時々、下着をタオルで隠してベランダに干している女の子がいるけど、全く無駄だね。プロの俺にとっちゃあ、逆サインさ。「ここに下着が干してありますよ。」って言ってるようなもんさ。

夜は、干しっぱなしにするな!

夜ってのは暗いんだから、ただでさえ盗みやすいだろ?そこに来て、留守で部屋が暗かったりしたら完璧だな。「早く盗んでください。」って言っているようなもんさ。

女の一人暮らしだってバレないようにしろ!

カーテンの色や柄を見ただけで、女の一人暮らしかどうか一発でわかるね。可愛い花柄のカーテンじゃなくて、男っぽい色のカーテンにするとか、下着をベランダに干すなら男物の下着も一緒に干すとか、ベランダに男物のスニーカーを一足置いておくとか、少しは工夫してくれよ。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110