ホーム > 暮らしの安全 > 身近な犯罪情報 > ひったくり > ひったくりの被害に遭わないために

ここから本文です。

更新日:平成26年9月24日

ひったくりの被害に遭わないために

1 歩行時は、バッグを車道と反対側に持ちましょう!

  • 後方からバイクや自転車で近付き、追い抜きざまにひったくる手口が多い。バッグは、車道と反対側に持つ。
  • ひも付きのバッグは肩から「たすき掛け」にする。

2 「ひったくり防止用ネット」を活用しましょう!

  • 自転車やバイクの前かごにバッグを入れるときは、「ひったくり防止用ネット」「ひったくり防止用カバーを活用する。
  • バッグの上に雑誌や買い物袋などを乗せてフタをし、外から見えないようにする。

※「ひったくり防止用ネット」や「ひったくり防止用カバー」はホームセンターや自転車店で販売しています。(100円位~)

ひったくり防止ネットなし-1

自転車の前かごにバッグなどを入れていると…

ひったくり防止ネットなし-2

簡単にひったくられてしまいます!

でも

ひったくり防止ネット

ひったくり防止用ネットを活用すれば、被害を防止できます。

バッグの上に雑誌を載せても有効

バッグの上に雑誌などを載せても効果があります!

3 遠回りしてでも、安全な道を通りましょう!

ひったくりイラスト-2

  • 夜間でも明るい道路を通る。
  • 人通りの多い道路を通る。
  • 歩車道の区別のある道路は歩道を歩く。

4 多額の現金や貴重品を持つときは注意しましょう!

金融機関で現金を引き出したあとパチンコの景品交換所からの帰りなどは犯人に狙われやすいため、特に周囲を警戒し、帰宅する際は自動車を利用する。

5 後方を常に注意しましょう!

  • ときどき後ろを振り返る
  • 人やオートバイなどが近づいてくる気配を感じたら、その方向を確認し警戒する。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)