ここから本文です。

更新日:平成27年7月30日

覚醒剤

覚醒剤ってなに?

「覚せい剤取締法」では、一般名メタンフェタミン、アンフェタミン及びその塩類並びにこれらを含有する物を「覚醒剤」として規制の対象としています。

「結晶状の覚せい剤」写真

結晶状の覚醒剤(通称ガンコロ)

「錠剤型覚せい剤」写真

錠剤型覚醒剤(通称ヤーバー)

覚醒剤は、麻黄(マオウ)という植物から抽出されたエフェドリン等を原料として、化学的に合成して製造され、形状は主に白色の粉末や無色透明の結晶で、無臭でやや苦みがあります。俗に「シャブ」「クスリ」「S(エス)」「スピード」などと呼ばれています。また、通称「ヤーバー」と呼ばれる錠剤型の覚醒剤もあります。

「麻黄」写真

覚醒剤原料エフェドリンを含有する麻黄(マオウ)

覚醒剤を乱用するとどうなるの?

覚醒剤には神経を興奮させる作用があり、乱用すると眠気や疲労感がなくなり、頭が冴えたような感じになります。しかし、そのような効果も数時間で切れ、その後は激しい脱力感、疲労感、倦怠感に襲われます。

覚醒剤は、特に依存症が強く、乱用を続けると、「覚醒剤精神病」の状態になり、壁のしみが人の顔に見える、いつもみんなが自分を見て悪口を言っている、警察に追われている、だれかが自分を殺しにくるなどといった幻覚妄想が現れるほか、時には錯乱状態になって、発作的に他人に暴行を加えたり、殺害したりすることがあります。そして、このような精神障害は、乱用を止めても長時間にわたって残る危険性があります。

また、大量の覚醒剤を摂取すると、急性中毒により、全身けいれんを起こし、意識を失い、最後には脳出血で死亡することもあります。

「覚せい剤、注射器等」写真

密売人が所持していた覚醒剤、注射器等

「押収された大量の覚せい剤」写真

押収された大量の覚醒剤

「吸引道具」写真

覚醒剤の吸引道具(通称ガラポ)

お問い合わせ

静岡県警察本部組織犯罪対策局薬物銃器対策課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)