ホーム > 暮らしの安全 > 子どもの安全情報 > 110番の家ってなあに?

ここから本文です。

更新日:平成29年1月31日

110番の家ってなあに?

「子ども110番の家」にご協力の皆様はこちらをご覧ください。

「子ども110番」に助けを求めましょう!

通学路や学校の付近、みなさんの家の周りには、子どもが危険な目にあったとき、かけ込んで助けを求めることのできる「子ども110番の家」、「子ども110番の店」、「子ども110番の事業所」があります。日頃から、自分の周りの「子ども110番」を確認しておき、不審な人に声をかけられたり連れていかれそうになったら、かけ込んで助けを求めましょう。

「子ども110番」は建物の入口や車のドアなどに「子ども110番の家」、「子ども110番の店」「子ども110番の車」であることを示す表示がされています。登下校時や外に出かけたときなどに、このような、家や店や車を探してみましょう。

表示デザインは、それぞれ地域・店・事業所によってちがいます。

あなたのまわりの「こども110番」はこちらからさがしてね↓

こども110番(ばん)の家(いえ)ってどんなときにかけこむの?

子ども110番の家は、あやしい人に声をかけられた、車にむりやり乗せられそうになった、知らない人に後をつけられた、チカン被害にあった、交通事故にあった、急病になった、迷子になった、など、危ない目にあったときや助けてほしいとき、困ったことがあったときにかけこみましょう。 

かけこんだらどんなことをしてくれるの?

あなたを助けてくれます。警察への110番通報をするため、電話を貸してくれたり、あなたの代わりに110番通報してくれます。
そして、警察官が到着するまでの間、避難所として待たせてくれます。 

何(なに)を話し(はなし)たらいいの?

どんなことがあったのか。時間、場所、犯人(不審者)の年齢、身長、体格、髪型、服装、車、バイク、自転車などの乗り物、ナンバー、色、どちらの方向に逃げていったのか。 

自分の住所、名前、学校、学年、連絡先の電話番号。警察官が来るまで「子ども110番の家」の人が守ってくれますので、ゆっくり落ち着いて話しましょう。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部人身安全対策課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110