ホーム > 暮らしの安全 > 子どもの安全情報 > 「5つのおやくそく」と「いかのおすし」

ここから本文です。

更新日:平成29年11月14日

「5つのおやくそく」と「いかのおすし」

防犯標語の「5つのお約束」と「いかのおすし」を紹介します。

みんなでまもろう!5つのおやくそく

外(そと)に行く(いく)ときは必ず(かならず)行き先(いきさき)を言い(いい)ます!

そとにいくときはいきさきをいいます

言(い)って出(で)かければ安心(あんしん)だよね。

 

ひとりで遊び(あそび)ません!

ひとりであそばない

暗(くら)くなるまで遊(あそ)んじゃだめだよ。

 

声(こえ)をかけられても、ついていきません!

ついていかない

おうちのひとに言(い)わないでひとりでついていっちゃぜったいにだめだよ。

 

こわいと思った(おもった)ら、大きな声(おおきなこえ)を出して(だして)逃げ(にげ)ます!

おおきなこえをだす

 

おともだちがあぶない目(め)にあったときも、

おおきな声(こえ)で助(たす)けを呼(よ)ぼうね。

 

今日(きょう)あったことを必ず(かならず)、家の人(いえのひと)に話し(はなし)ます!

いえのひとにはなす

 

へんなひとを見(み)たときも、かならず言(い)おうね。

 

ページの先頭へ戻る

おぼえてね!「いかのおすし」

 

 

「いかのおすし」とは

  • いかない
  • らない
  • おきなこえををだす
  • ぐにげる
  • らせる

のかしらもじをとったことばです。

いからいん

しらないひとについていかない

くるまにのらない

おおごえでさけぶ

すぐにげる

しらせる

 

 

ページの先頭へ戻る

 

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部人身安全対策課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110(代表)