ホーム > 暮らしの安全 > 子どもの安全情報 > 地域安全マップをつくろう!

ここから本文です。

更新日:平成27年4月1日

地域安全マップをつくろう!

地域安全マップをつくろう!

地域安全マップの作製を指導する大人の方へ

毎日かよっている学校までの道のり、よくあそぶ公園、お友だちの家のまわり…。いつもなにげなく歩いたり、自転車で走っているけれど、そこは本当に安全な場所かな?危険な場所はないかな?外に出て、おともだちや家族の人とさがしてみよう!さがしているうちに、犯罪にあわない力がどんどん身についてくるはずだよ!

  1. どんな場所(ばしょ)が危険(きけん)なのかな?
  2. グループをつくろう
  3. 街(まち)に出て(でて)みよう
  4. 地図(ちず)をつくろう
  5. 発表会(はっぴょうかい)を開こう(ひらこう)
  6. もう一度(いちど)みんなで話し合って(はなしあって)みよう!

安全マップは一度作ったら終わりではありません。作った安全マップのおかげで、危険な場所が安全な場所になったり、新たに危険な場所が出てくるかもしれません。街の様子が変わったら、今、手元にある安全マップと見比べてみて、必要なことを書き加えたり、作り直してみましょう。

また、登校時間帯や下校時間帯、夜、塾や習い事に行く時間帯によっても街の見え方はちがっています。保護者の方が子どもと一緒に、夕方(夜)の安全マップを作ってみるのも効果的でしょう。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部人身安全対策課
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
電話番号:054-271-0110(代表)