ホーム > 暮らしの安全 > 犯罪統計 > 少年の犯罪発生状況

ここから本文です。

更新日:平成29年7月21日

少年の犯罪発生状況

平成28年中の少年非行概況

生活安全部少年課

1 検挙・補導人員(人)

  • 検挙・補導人員は1,105人で、前年比159人(12.6%)減少しました。
  • 刑法犯で検挙・補導された少年は987人で、前年比160人(13.9%)減少、特別法犯で検挙・補導された少年は118人で、前年比1人(0.9%)増加しました。
  • 罪を犯した14歳以上20歳未満の犯罪少年は909人と前年比122人(11.8%)減少、14歳未満の触法少年は196人で、同37人(15.9%)減少しました。

検挙・補導人員

少年の犯罪発生状況4少年の犯罪発生状況3

2 主な罪種別検挙・補導人員(人)

  • 凶悪犯は24人で、前年比13人(118.2%)増加しました。このうち強盗は15人で、前年比8人(114.3%)増加しました。
  • 粗暴犯は148人で、前年同期比31人(17.3%)減少しました。このうち傷害は92人で、前年比21人(18.6%)減少、恐喝は4人で、同16人(80.0%)減少しました。
  • 窃盗犯は、607人で、前年比146人(19.4%)減少しました。このうち万引きは330人で、前年比70人(17.5%)減少、自転車盗は94人で、同11人(10.5%)減少しました。
  • 覚せい剤取締法違反は5人で、前年比2人(66.7%)増加、大麻取締法違反は4人で、前年比1人減少した。

主な罪種別検挙・補導人員

少年の犯罪発生状況14

3 総検挙・補導人員に占める少年の割合

平成28年中の成人を含めた総検挙・補導人員に占める少年の割合は、13.0%となっています。

総検挙・補導人員に占める少年の割合

  総検挙・補導人員 少年 成人
H28年中 8,520 1,105(13.0%) 7,415(87.0%)
H27年中 8,462 1,264(14.9%) 7,198(85.1%)

4 学職別検挙・補導人員

学職別検挙・補導人員は、中学生が360人と最も多く、次いで高校生307人、有職少年209人、無職少年105人の順となり、中・高校生で60.4%を占めています。

学職別検挙・補導人員

  総数 小学生 中学生 高校生 その他学生 有職少年 無職少年
検挙・補導人員(人) 1,105 74 360 307 50 209 105
構成率(%) 100 6.7 32.6 27.8 4.5 18.9 9.5

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部少年課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)