ホーム > 暮らしの安全 > 振り込め詐欺等の防犯対策 > 架空請求詐欺の手口と防犯対策

ここから本文です。

更新日:平成27年4月16日

架空請求詐欺の手口と防犯対策

架空請求詐欺とは?

架空の投資話を持ちかけた後に現金を要求したり、利用していないアダルトサイト等の利用料や情報料などを請求し、お金を騙し取る手口です。

こんな手口があります!

名義貸しは違反ですよ!

犯人は、

  • 「○○社の株が販売されますが、あなただけに株を購入する権利があります」
  • 「あなたの住んでいる地域にグループホームを建設するので、出資しませんか?」

などと電話をかけてきます。

さらに

  • 「購入しないなら、名義だけでも貸してくれませんか?」
  • 「名義を貸してくれれば、お礼をします。」

などと名義貸しを持ちかけてきます。

その後、名義貸しの承諾の有無に関わらず、別の会社から

  • 「名義貸しは違法だ」
  • 「お金を払わないと逮捕されることになる」

などと相手を脅し、現金を送金させたりして騙し取る手口です。

見に覚えのない請求が・・・

イラスト:架空請求詐欺

手紙・はがきまたはメールなどを利用して、アダルトサイトや出会い系サイトの利用料や情報料など架空の事実を口実とした料金を請求し、現金を騙し取る手口です。

架空請求詐欺の防犯対策

「名義を貸してほしい」と言われたら、無視してまずは最寄の警察署に相談しましょう。

また身に覚えのない請求があった際は手紙・ハガキに記載されている電話番号やメールの送信元へは問い合わせをせず、まずは消費生活センターや最寄の警察署に相談しましょう。

請求の内容を冷静に確認し、身に覚えのない請求は無視しましょう。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)