ホーム > 暮らしの安全 > 振り込め詐欺等の防犯対策 > オレオレ詐欺の手口と防犯対策

ここから本文です。

更新日:平成27年4月16日

オレオレ詐欺の手口と防犯対策

オレオレ詐欺とは?

イラスト:オレオレ詐欺なりすまし犯人

電話を利用して息子や孫、会社の上司、弁護士などを装い、会社でのトラブルや横領の補填金などを名目に現金を騙し取る手口です。

警察官や銀行協会などをかたって、現金やキャッシュカードを自宅などに取りにくるケースやレターパックや宅配便などで現金を送金させるケースもあります。

オレオレ詐欺の手口

典型的オレオレ詐欺

イラスト:典型的オレオレ詐欺

犯人は、子や孫をかたり被害者宅に

  • 「携帯電話の番号が変わった」
  • 「風邪で声が変だ」

などのアポ電をかけてきます。

その後

  • 「株購入で損をした」
  • 「人の奥さんを妊娠させて慰謝料が必要だ」
  • 「今日中に金を振り込まないとクビになる」

などとすぐにお金が必要なことを言ってお金を騙し取ろうとします。

被害者に金融機関から指定口座に振り込ませるのが特徴です。

現金受取型オレオレ詐欺

イラスト:現金受取型オレオレ詐欺

犯人は

  • 「お金は弁護士(司法書士)事務所の人に渡してほしい」
  • 「僕はいけないから代わりに友達に渡してほしい」

などと要求し、被害者宅などに直接現金を受け取りに来ます。

ATM利用限度額引き下げ、迅速な口座凍結などの金融機関対策を受け増加してきた手口です。

また最近では、現金の受け渡し場所を東京や名古屋、大阪方面などの県外の駅に指定する「呼び出し型」「上京型」と言われる手口も増加しています。

キャッシュカード受取型オレオレ詐欺

犯人は警察官、金融機関職員、官公庁職員などの身分を騙ります。

この手口では

  • 「あなたの口座が犯罪被害に遭っています」
  • 「個人認証のキャッシュカードに変えたほうがいい」
  • 「キャッシュカードを取りにいく」

などと言って暗証番号を聞き出したうえで、キャッシュカードを騙し取ります。

犯人はすぐATMでお金を引き出します。

防犯対策

イラスト:振り込む前に家族で決めた合言葉を!

  • 「携帯電話の番号が変わった」という連絡があったら、必ず以前から聞いている電話番号に連絡して事実を確認しましょう。
    本人と連絡が取れない場合には、すぐに警察に相談してください。
  • 「すぐにお金を振り込んで」と言われたら、慌てず落ち着いて、まずは本人に確認、家族・警察に相談しましょう。
  • 「代わりの人間がお金をもらいにいく」と言われても、知らない人にお金を渡さないようにしましょう。
  • 普段から、振り込め詐欺の手口について家族で話し合いましょう。
    「家族同士で合言葉などの約束事を決めておく」「子どもや孫の連絡先は携帯電話だけでなく、他にも用意する」「元の携帯電話の番号を控えておく」などの対策が効果的です。
  • 在宅中も留守番電話に設定しておきましょう。振り込め詐欺の犯人と話をしないで済むため、被害に遭わず安心です。
  • 日頃から自分の子どもや孫と連絡と取り合うようにしましょう家族の絆が振り込め詐欺からあなたを守ります!!

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)