ここから本文です。

更新日:平成27年4月16日

「他人の物を壊してしまった!」と電話がかかってきたら…

 ケース1 あれっ!息子は2階で寝ているはず…!?

私の実家の母のところにかかってきた電話の話です。

ある日の深夜、男から電話がかかってきました。電話に出た母は「ヒロ(仮名:息子の名前=ヒロアキ)、こんな時間に何しているの!」と叱りつけると、男は体調が悪いことを主張しましたが、用件は言わずに電話を切りました。

それから1月以上経過した日の日中、「ヒロだけど…。同僚の時計を壊してしまったから、お金を振り込んでほしい。」と電話がかかってきました。電話の男が偽者だと気づいていた母は、しばらく話を聞いていましたが「ちょっと、お父さんと替わるから待ってて。」と言い、電話口を離れている間に電話は切れていました。

母が電話の男が偽者だと見破った理由は、電話があった時、息子は夜勤明けで2階で寝ていたからでした。

(静岡市清水区在住 50歳代女性)

ポイント

体験談イラスト-2

なんたる間の悪さ!普通は昼間は仕事中だと思うよな!交替制勤務だなんて、考えもつかなかったよ!

でも、安心するなヨ!今回は事前調査が足りなくて、こんな結果になったけど、職場がわかれば、勤務形態も調べてなりすまし電話をかけることも可能だからな!

 ケース2 あれっ!他にも泣いている声がする…!?

ある日、男から「お宅の息子が急に道路に飛び出てきたせいで高級外車をぶつけてしまった。修理代200万円を用意しろ!息子がどうなってもいいのか?」と強い口調で電話がかかてきました。

息子は市内のアパートに別居しており、妻に携帯電話へ連絡するよう指示したのですが、電源が入っていないため繋がりませんでした。

息子に確認が取れないことから不安になり、気が動転したまま相手の男と話を続けていました。次第に男はイライラした様子になり、暴力団関係を匂わせながら「現金100万円を持って来い!」と要求し始めたのです。

そうしているうちに、おかしなことに気づきました。電話口の向こうで、「父さん、父さん」と息子らしき男の泣きわめく声が聞こえるのですが、そのさらに遠くで「母さん、母さん」と女の泣きじゃくる声が聞こえるではありませんか!

それを聞いた私は「これはオレオレ詐欺に違いない」と確信し、わざとのらりくらりと話を続けたところ、男は「息子がどうなっても知らねえぞ!」と捨て台詞を吐いて電話を切ってしまいました。

その当時、私の近所でも同様の電話がかかってきていたようなので、町内名簿を悪用したのかも知れませんね。

(静岡市葵区在住 40歳代男性)

ポイント

体験談イラスト-1

今回のケースは、偶然にも電話口から「別の電話の声」が聞こえてきて、詐欺だと見破ることができました。しかし、ストーリーに臨場感を持たせるため、あらかじめ用意したパトカーや救急車のサイレン音などを使用するケースも考えられます。

相手の男が暴力団関係を匂わせ、脅してきても、「つじつまの合わない点」や「家族の実態とは違う点」など、ストーリーには「穴」が必ずあるはずです。気が動転していると不審な点も見落としがちですが、落ち着いて考えれば大丈夫です。

どんなに脅されても、一旦電話を切り、落ち着いてまずは疑い すぐ確認! すぐ相談!するようにしましょう。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)