ホーム > 暮らしの安全 > 振り込め詐欺等の防犯対策 > 「しずおか関所作戦」○広報・啓発用チラシ○「サギ電話は必ず架かってきます!」

ここから本文です。

更新日:平成29年8月18日

しずおか関所作戦」○広報・啓発用チラシ○「サギ電話は必ずかかってきます!」

サギ電話は必ずかかってきます!

~だまされてお金を取られたら親子関係の破綻も~

photo

高齢者の皆さん、「自分のところにはサギ電話はかかってこない」、「たとえかかってきてもだまされることはない」などと思っていませんか?実は、被害に遭われた高齢者のほとんどが、そう考えていました。ところが、サギ電話は、いつ、どなたのお宅にかかってきてもおかしくないのです。

振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の犯行グループは、何らかの方法により入手した様々な名簿を基に、息子や孫、甥などを装って次から次へと電話をかけています。警察が、捜査の過程で押収した名簿には、静岡県内だけでも約9万人分の氏名や連絡先が登載されていました。しかしながら、犯行グループが複数存在するであろうこと、また、未押収の名簿が、犯行グループの手元に多数存在しているであろうことを考えれば、実際の名簿登載人数は、9万人を大きく上回ることも考えられます。ですから、サギ電話は、いつ、どなたのお宅にかかってきてもおかしくないのです。

また、特殊詐欺の怖さは、だまし取られた多額のお金が二度と手元に戻ってこないということだけではありません。加えて、高齢者の心をひどく傷つけてしまうところにあります。「可愛い息子のため、孫のため…」と真剣に考えてお金を工面し、だまし取られたあとには、その可愛い息子や孫から「あれだけ気をつけろと言っていたじゃないか!」などと責められ、現実に、子や孫との関係が破綻し、自殺までされた高齢者もいるのです。

高齢者の皆さん、サギ電話は、必ず皆さんのお宅にもかかってきます。サギ電話に出てしまったら、どなたでも被害者になり得る可能性があります。そして、だまし取られてしまったお金と、子や孫との大切な絆は、二度と戻ってこないのです。

特殊詐欺の被害を自らのこととして真剣に考え、常に心の備えをしてください!

平成29年8月                          

静岡県警察本部生活安全部

参事官兼生活安全企画課長

夏目  敏孝                         

チラシのダウンロード

上記の文章がチラシとなっています。

高齢者及びその家族を対象とした防犯教室や地域の会合、街頭キャンペーン、自治体が主催する各種行事等々、いろいろな機会に配布するなどご活用ください。

こちらからダウンロードできます。→○広報・啓発用チラシ○「サギ電話は必ずかかってきます!」(PDF:68KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)