ホーム > 暮らしの安全 > 特殊詐欺の防犯対策 > 預貯金詐欺の手口と防犯対策

ここから本文です。

更新日:令和2年1月1日

預貯金詐欺の手口と防犯対策

預貯金詐欺とは?

預貯金01

親族、警察官、金融機関職員、官公庁職員などを騙り

  • 「あなたの口座が犯罪被害に遭っている」
  • 「新しいキャッシュカードへの交換手続が必要」
  • 「変更手続きには『4ケタの暗証番号』が必要」

などと、キャッシュカード変更手続きを装い、キャッシュカード、クレジットカード
預貯金通帳等を騙し取る手口です。

犯人はこんな手口でキャッシュカード(通帳)を狙っています!

警察官を騙る手口預貯金02

  • 「詐欺犯人を逮捕したら、あなたの個人情報を知っていた」
  • 「個人情報を悪用されて、預金が不正に引き出された」
  • 「被害に遭わないように、今すぐキャッシュカードを預かる」

市・役場職員を騙る手口

  • 「払い過ぎた医療費の還付金がある」
  • 「還付金は口座へ振り込むが、あなたの口座は古いので振り込めない」
  • 「還付金を振り込むため、今すぐキャッシュカードを作り直さなければいけない」

家電量販店、百貨店職員を騙る手口

  • 「あなたのキャッシュカード情報で高額な買い物をしようとしている不審者がいる」
    次に、警察官を騙り
  • 「あなたのキャッシュカードが偽造された」
  • 「今持っているキャッシュカードも被害に遭うおそれがあるのでカードを預かる」

預貯金詐欺の防犯対策

 

  • 警察官、金融機関職員等がキャッシュカード・通帳などを預かったり、回収することはありません。
  • 「キャッシュカードを他人に渡さない!」「暗証番号を教えない!」ということを確実に守り、不審な電話があったら、直ぐに警察へ通報しましょう。
  • 迷惑・悪質電話防止装置付きの電話機を活用しましょう!
  • 迷惑・悪質電話防止装置付きの電話機を活用しましょう!
  • 在宅中も留守番電話に設定しておきましょう。
    特殊詐欺の犯人と話をしないで済むため、被害に遭わず安心です。
  • 日頃から自分の子どもや孫と連絡と取り合うようにしましょう
    家族の絆が振り込め詐欺からあなたを守ります!!

お問い合わせ

静岡県警察本部生活安全部生活安全企画課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110(代表)