ホーム > 暮らしの安全 > 山岳情報 > 南アルプス夏山情報

ここから本文です。

更新日:平成27年6月5日

南アルプス夏山情報

雪のない時期の遭難が多い箇所とその事故原因は次のとおりです。事故のない楽しい登山となるように心掛けてください。

  • 間ノ岳から塩見岳の間の縦走は、長丁場のため疲労から体調を崩す登山者が多く見られます。十分にトレーニングを積んで、健康に気をつけて登山するように努めて下さい。
  • 千枚岳西側及び悪沢岳西側のガレ場は、岩がもろくスリップや浮き石に注意が必要です。
  • 赤石岳北沢カールは、高山植物の花畑となりますが、例年、転倒事故が多く発生しています。花に見とれて足を踏み外さないように注意して下さい。
  • 聖岳滝見台付近のガレ場及び聖沢吊り橋から出会所小屋跡のトラバース道までの間にかかる桟橋等で、転落事故が起きています。慎重に歩くようにして下さい。
  • 塩見岳南峰山頂は、霧が出ていると北俣尾根方向に迷い込みやすいので注意して下さい。
  • 小無間山の南側で登山道が崩落しているため、転落・滑落の危険が極めて高くなっています。十分な知識・技術・装備がない方は入山しないでください。

南アルプスの登山情報(静岡市役所)(外部サイトへリンク)

山小屋の開設状況から交通状況まで南アルプスの情報がいっぱいです。

お問い合わせ

静岡県警察本部地域部地域課

静岡県静岡市葵区追手町9番6号

電話番号:054-271-0110