• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク「新年の御挨拶」

ここから本文です。

更新日:平成29年1月1日

新年の御挨拶

新年、あけましておめでとうございます。
皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年の本県経済は、熊本地震や円高などの影響が心配される中、回復に向けた緩やかな動きになりました。

このような中、昨年12月に「静岡県中小企業・小規模企業振興基本条例」を制定いたしました。本県経済の活力の源である中小企業・小規模企業が、新たなビジネスへの挑戦に向けて主体的に取り組めるよう、この条例に基づき、支援策を充実してまいります。

また、官民共同で運営する産業戦略推進センター「オープンイノベーション静岡」では、県内経済の牽引役として、飛躍が期待される企業の経営者に対して、目利きの役割を担うアドバイザーの方々から、新規事業や販路拡大について具体的なアドバイスをいただいております。これにより、マーケットインの考え方を踏まえた経営戦略の再構築や、新製品の開発の取組が増えるなどの成果が上がっております。

さらに、「新素材」として期待されている「CNF(セルロースナノファイバー)」を活用した新しい産業の集積、「IT技術」の最先端である「IoT」(インターネットオブシングス)を活用した生産性の向上などにつきましても、引き続き、力を入れてまいります。

「CNF」につきましては、富士工業技術支援センター等に、情報提供や技術支援を行う専門家を配置し、具体的な製品開発が進んでおります。昨年10月に開催した「CNFサンプル企業展示会」には、約700人が参加するなど、全国や海外からも注目が高まっております。また、昨年末には、国内の先進地域と相互連携・協力協定を締結したほか、大手製紙会社が研究所を県内に移転することを発表するなど、我が国のCNF開発の拠点として産業基盤の形成が進んでおります。

「IoT」につきましては、160を超える企業や団体等が参加する「静岡県IoT活用研究会」が中核となって活動しております。新たなものづくりや物流のあり方などを3つの分科会を設置して研究を進めており、生産性の向上やビジネス機会の創出に期待が膨らんでいます。今年度新たに設置したエネルギーデータ利活用部会では、太陽光発電施設や蓄電池などの供給側と、需要側の節電の取組を総合的に制御する「バーチャルパワープラント(VPP)」の実現に向け、今後、官民共同プロジェクトで取り組んでまいります。

一方、雇用情勢が回復する中、多くの産業分野で人材の確保が課題となっております。今後の県内産業の成長には、優秀な人材の確保・育成が重要となります。このため、東京に設置した「静岡U・Iターン就職サポートセンター」での個別相談や、就職支援協定を締結した14の大学との連携強化などにより、県内企業への就職を促進してまいります。
また、プロフェッショナル人材戦略拠点を活用し、実務経験の豊富な人材と県内企業のマッチングを支援するほか、清水技術専門校の再整備をはじめ、地域企業の協力を受けた実践的な職業訓練を行ってまいります。
さらに、本年は、全産業を対象に本県ならではの「産業人材確保・育成プラン」を策定し、働き方改革を含めた、具体的な施策に取り組んでまいります。

本年は酉(とり)年です。酉は鶏のことを指し、古来より夜明けを告げてきました。県も、本県経済が本格的な回復軌道に乗るよう、新たな夜明けに向けた県内企業の挑戦を支援してまいりますので、皆様におかれましては、一層の御理解と御協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

結びに、本年が、県民の皆様にとりましてすばらしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げまして、新年の御挨拶といたします。

CNF
CNFを活用した新しい産業の集積に向けて、引き続き、取組を進めてまいります。

IoT
「静岡県IoT活用研究会」を中心にIoT活用に向けた研究が進んでいます。

VPP
官民共同のプロジェクトとしてVPPを進めていきます。


お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?