• 携帯電話向けページ
  • Other language
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク「本県産業の活性化を目指す産業成長戦略2017」

ここから本文です。

更新日:平成29年2月28日

本県産業の活性化を目指す産業成長戦略2017

2月14日、県庁で「平成28年度第2回産業成長戦略会議」を開催しました。
この会議は、県内の産業界・金融界・産業支援機関等の代表者が集まり、官民が一体となって本県の産業成長戦略を検討するための会議です。

今回の会議では、来年度に向けて新たな施策を盛り込んだ「静岡県産業成長戦略2017」について、県から出席した委員にご説明しました。
この産業成長戦略2017のポイントは、「成長分野への参入促進」と「人材の確保・育成」に重点を置いて取り組むという点です。

「成長分野への参入促進」については、ファルマバレー、フーズ・サイエンスヒルズ、フォトンバレーでは、ファルマバレーセンターの新法人化やフォトンバレーセンターの設置など中核支援機関の機能強化を図ってまいります。
また、CNF産業の振興として静岡大学に寄附講座を設けることや、先端農業プロジェクトにも力を入れることとしています。
加えて、次世代自動車やIoTに対応した電子部品開発の支援拠点(電波暗室)を、浜松工業技術支援センターに整備することもご報告しました。
一方、「人材の確保・育成」としては、「働き方改革」、「産業人材の確保・育成」を柱とする本県独自の「産業人材確保・育成プラン(仮称)」を来年度に策定いたします。

委員からは、CNFといった新素材に全国でもいち早く取り組み、成果をあげていること、自動運転やIoTへの産業界の関心が高まる中で、中小企業が利用できる電波暗室を県が整備することについて、高い評価をいただきました。

今後、静岡県産業成長戦略2017に基づいた取組を進め、本県産業の力強い再生と、より一層の活性化を図ってまいります。

産業成長戦略会議1
川勝知事を座長に、県内産業界や金融界の委員10人と県の幹部が出席しました。

産業成長戦略会議2
新しい産業成長戦略について、担当する渡辺県理事と説明をしました。

お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?