• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク「中国市場への販路開拓を支援」

ここから本文です。

更新日:平成29年5月19日

中国市場への販路開拓を支援

5月4日から8日まで、本県と友好提携協定を締結している中国浙江省を訪問しました。

今回の訪問の目的は、友好提携35周年事業に関する浙江省側との調整と、浙江省義烏(ぎう)市で開催された「2017義烏輸入商品博覧会」への出席・視察などです。

35周年事業では、両県省の経済団体や行政部門を中心に構成された「静岡県・浙江省経済交流促進機構」の全体会議や、中長期調査員の交流会、企業交流会などを、今年11月に予定しており、これらについて浙江省側に協力を要請しました。
また、「2017義烏輸入商品博覧会」は、開幕式に出席するとともに、静岡県のブースを視察しました。

義烏市は、世界最大の日用雑貨卸売市場として有名な都市です。その義烏市にある総面積5万平方メートルの広大な展示施設「義烏国際博覧中心」で開かれる義烏輸入商品博覧会には、例年20万人近くの人々が来場するそうです。
県は、中国市場への販路開拓を目指す企業を支援するため、この博覧会に静岡県ブースの出展を決めました。
今回、静岡県ブースには、食品などを扱う企業12社が参加しています。各企業とも、バイヤーとの商談や、中国市場における県産品のニーズの調査を精力的に行っていました。

今年は、友好提携35周年という節目の年であり、様々な分野で両県省の交流が進んでいます。経済分野においても、交流や通商の拡大に向けて、引き続き積極的に取り組んでまいります。

《参考リンク》

義烏輸入商品博覧会1
「2017義烏輸入商品博覧会」の開幕式

義烏輸入商品博覧会2
静岡県のブース。食品、工芸品、衛生商品などの企業12社が出展しました

義烏輸入商品博覧会3
経済交流促進機構の陳宗堯副主席代表と一緒に静岡県ブースを視察しました

 

お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?