• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク「静岡から世界へ~第56回静岡ホビーショー~」

ここから本文です。

更新日:平成29年5月29日

静岡から世界へ~第56回静岡ホビーショー~

5月12日、ツインメッセ静岡で開催された「第56回静岡ホビーショー」を見学しました。

静岡県のプラモデル(プラスチックモデルキット)の製造品出荷額は、全国の94.4%を占め(工業統計調査・平成26年)、ダントツの日本一。その静岡県で開催される「静岡ホビーショー」は、国内最大級のプラモデル、ラジコン模型等の見本市です。

タミヤのブースでは、ホンダのバイク「アフリカツイン」などのプラモデルの説明を受けました。その本物のような精密で迫力のある造形に、思わず目を奪われました。

バンダイは、今年もガンプラの展示が充実していました。一口に「ガンダム」と言っても、様々な種類があり、技術もデザインも年々進化しているのを実感しました。

ハセガワは、人気の「マクロス」や、自衛隊の護衛艦、クラシックカー、スペースシャトル、建機など、バリエーションに富んだ展示が印象的です。

青島文化教材社(アオシマ)も、人気の「艦隊これくしょん(艦これ)」や、「日産スカイライン」はじめ様々なモデルカー、旧日本海軍の巡洋艦などが並び、幅広い世代が楽しめるラインナップです。

また、木製模型で有名なウッディージョーのブースには、日本の名城が勢揃い。比べながら見ると、それぞれの城の特徴がよく分かります。

各社が個性溢れるブース展示で来場者を魅了する「静岡ホビーショー」。
海外からのバイヤーやファンも数多く訪れ、世界に「SHIZUOKA」が発信される機会にもなっています。

県は、引き続き、地域の企業が世界の市場で活躍できるよう、技術力の強化や、経営力の向上、販路開拓など、様々な支援を行い、地域産業を応援していきます。

 

《参考リンク》

ホビーショー6
日本を代表する模型メーカー等が勢揃い

ホビーショー1
タミヤの「アフリカツイン」

ホビーショー2
バンダイのガンプラの展示

ホビーショー5
ハセガワの「マクロスΔ(デルタ)」の展示

ホビーショー4
青島文化教材社の「艦隊これくしょん」

ホビーショー3
ウッディージョー「日本の城」

 

 

お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?