• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室 > 経済産業部長トーク「アジア各国との経済交流を深める」

ここから本文です。

更新日:平成29年7月21日

アジア各国との経済交流を深める

7月11日、タイ王国大使館経済・投資事務所のサリン・ウィサーンサワット公使が県庁にお越しになりました。

サリン公使は、タイ投資委員会(BOI)東京事務所の代表として、タイへの投資誘致活動に取り組まれています。
現在、タイでは、バイオ、ヘルス、ロボット等の重点産業への投資呼び込みに力を入れているそうです。サリン公使からは、最長13年間の法人税免除などの新投資政策をはじめとした、タイ政府の経済政策についてご説明いただきました。

私からは、ファルマバレーなど静岡新産業集積クラスターなど、本県の取組をご紹介するとともに、(公社)静岡県国際経済振興会(SIBA)とも連携し、協力していくことを伝えました。

また、翌7月12日には、本県が友好協定を締結している浙江省から中長期調査員として派遣されている、劉応応(りゅうおうおう)さんをお迎えしました。

劉さんは、浙江省の経済和信息化委員会産業投資処の副調研員です。静岡県の製造業分野における産学官連携の状況等を調査するため、約1ヶ月間、県内外の企業・団体を訪問します。

中長期調査員の受け入れは、平成8年(1996年)に始まり、今回の劉さんが36人目になります。劉さんには、調査活動だけでなく、ぜひ静岡県のファンになっていただき、浙江省の皆様に静岡県の魅力を伝えていただきたいと、申し上げました。

実は、中国とタイは、本県から進出している企業・事業所の数が、1番目と2番目に多い国です。毎年、タイの学生を県内企業にインターンとして受け入れる取組も行っています。

今後も、これらの国々と経済・産業分野の交流を深めていくとともに、県内企業の海外展開や人材確保の支援に努めて参ります。

 

《参考リンク》



タイ投資委員会
サリン公使(右奥)に本県の産業政策についてご説明しました。

浙江省中朝長期調査員
劉さん(右隣り)と記念撮影。
劉さんは8月6日まで県内外で調査活動を行います。

 

お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?