• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 県政情報 > 県政総合 > ようこそ部局長室へ > 経済産業部長室

ここから本文です。

更新日:平成29年8月4日

経済産業部長室

         

経済産業部長

渡辺吉章

 

経済産業部長室へようこそお越しくださいました。

 

経済産業部長の渡辺吉章です。

 

昨年度、経済産業部は、経済環境の変化に対応した新たな取組を次々に打ち出してきました。今年度は、これらの取組を着実に進展させてまいります。

 

まず、「場の力」を活かした「食」、「茶」、「花」の都づくりでは、本年2月にまとめた「マーケティング戦略」に基づき、今年度は、県産品の国内外へのより一層の販路拡大に取り組んでまいります。
また、本県の茶の産業、文化、学術を国内外に発信するために整備中の「ふじのくに茶の都ミュージアム」について、今年度(平成30年3月)のオープンを目指します。

 

次世代産業の創出については、ファルマバレープロジェクトの拠点施設「静岡県医療健康産業研究開発センター」が昨年9月に全面開所したのを契機として、中核支援機関であるファルマバレーセンターの機能強化を図り、医薬品や医療機器等の製品化の加速や、地域企業の医療健康分野への参入を促進いたします。
また、新素材として期待されている「CNF(セルロースナノファイバー)」による新しい産業の集積についても、全国に先駆けて取り組んできた結果、大手製紙企業が研究拠点等を富士市内に設置することが決定いたしました。今年度も、研究開発拠点として富士工業技術支援センターの機能を強化するなど、企業による製品開発を促進してまいります。

 

地域産業の振興では、昨年12月に制定した「静岡県中小企業・小規模企業振興基本条例」の趣旨を踏まえ、小規模企業が行う新たなビジネスへの挑戦に向けた取組や、商工団体による広域サポートセンターの設置などを支援いたします。

 

農林水産業の強化としては、農業の飛躍的な生産性向上を図るため、沼津市の東海大学旧校舎を改修し、先端農業プロジェクトの推進拠点「AOI-PARC(アオイパーク)」として、今年夏の開所に向け整備を進めるとともに、このプロジェクトの運営を担う、農業版オープンイノベーション・プラットフォームの立ち上げや、農工連携による農業用ロボットの開発なども進めてまいります。

 

一方、雇用情勢が回復する中、多くの産業分野で人材の確保が課題となっており、県内産業の成長には、優秀な人材の確保・育成が重要となっております。
そこで、東京に設置した「静岡U・Iターン就職サポートセンター」での個別相談や、就職支援協定を締結した大学との連携強化などにより、引き続き、県内企業への就職を促進します。
さらに、今年8月を目途に、全産業を対象に本県ならではの「産業人材確保・育成プラン」を策定し、誰もがいきいきと働くことができる就業環境づくりなど、具体的な施策に取り組んでまいります。

 

このほか、太陽光発電やバイオマスなどの利活用促進によるエネルギーの地産地消や、森林の適正な整備と保全による「森林の都」づくりについても進めてまいります。

 

今後も、経済産業部職員一丸となり、現場主義に立ち、事業者や企業の皆様の声をとらえて、積極的に施策を実施してまいります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

ぜひ、お気軽にご意見やご感想をお寄せください。

 

平成29年4月

 

 

お問い合わせ

経済産業部管理局政策監

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2635

ファックス番号:054-221-3217

メール:keisan-seisaku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?