• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 研究開発 > ふじのくに研究所(研究開発課のページ) > 重点研究

ここから本文です。

更新日:平成29年11月14日

重点研究

静岡県では、平成23年度から、新成長戦略研究を実施しています。

静岡県新成長戦略研究成果集(平成28年度完了課題)を発行しました。

新成長戦略研究成果集(平成28年度完了課題)

01leaflettuceharvester

リーフレタス収穫機

タマネギ及びレタス栽培の省力機械化システム実用化

本県特産の露地野菜である“生食用タマネギ”、“レタス”の収穫機等の開発と機械化に適合する栽培技術開発、育苗から収穫に至る一貫した省力機械化システムの構築、同システムによる大規模経営の試算を行いました。

(お問合せ先:農林技術研究所経営・生産システム科、電話番号:0538-36-1551)

02thethirdtea

第三の煎茶

‘茶の都しずおか’を担う「第三の煎茶」の開発

茶の新たな需要喚起のため、普通煎茶、深蒸し煎茶に続く、上品な甘い花の香りが特徴の「第三の煎茶」の開発を目指しました。

(お問合せ先:農林技術研究所茶業研究センター、電話番号:0548-27-2311)

03fencetypetreeform

「垣根型樹形」のイメージ

大規模みかん経営を目指した静岡方式垣根型成園化技術に関する研究

みかん栽培農家の作業機械化等による省力化、苗木の生育促進による未収穫期間の短縮、ウイルス病に強い台木の選抜・育成を図るため、新たに「垣根型樹形」の管理技術開発を行いました。

(お問合せ先:農林技術研究所果樹研究センター、電話番号:054-376-6154)

04timbervolumemeasurementprogram

原木材積計測プログラム

“森林の都”を実現する県産材の需要と供給の拡大のための技術開発

本県が掲げる木材生産量を50万立方メートルまで増産する目標を達成するため、新たな木製品を開発するとともに、原料である原木をジャストインタイムで効率的に安定供給するための技術の開発を行いました。

(お問合せ先:農林技術研究所森林・林業研究センター、電話番号:053-583-3121)

05temperaturesensor

頸部に設置した温度センサー

全国トップブランドを目指した特色ある高級牛肉生産技術の開発

遺伝子解析技術と受精卵移植技術を用いて、遺伝的能力が高く特色ある形質を持った和牛子牛を県内で安定的に増産し、併せて本県特産物を飼料として利用することで、差別化販売できる牛肉生産体制を構築しました。

(お問合せ先:畜産技術研究所、電話番号:0544-52-0146)

06BCBstaining

BCB(ブリリアントクレシルブルー)染色による高発生態卵子の選別

医療用マイクロミニピッグ形質の永続的な維持技術と病態モデル形質の固定化技術の確立

新しい実験動物として医学や薬学研究分野で評価が高まっている実験用ブタのマイクロミニピッグ(富士マイクラ(株)生産)を中核とした新しい医療産業への貢献を目指し、体細胞クローン技術を効率化させるとともに、遺伝子解析技術等を応用することで、形態等の均質性などの課題解消を図りました。

(お問合せ先:畜産技術研究所中小家畜研究センター、電話番号:0537-35-2291)

07bigrainbowtrout

大型ニジマス

大型ニジマスの低コスト生産技術の開発と販売戦略の推進

生食用として高い需要のある大型ニジマスの低コスト生産技術の開発と、差別化を図るためブランドニジマス「赤富士(あかふじ)」の販売を推進しました。

(お問合せ先:水産技術研究所富士養鱒場、電話番号:0544-52-0311)

08methanefermentationapparatus

メタン発酵実証化試験装置

分散型エネルギー社会に貢献する小型メタン発酵プラントの開発

企業の食品廃棄物の委託処理費の削減やメタン発酵発電による分散型エネルギー社会への貢献を目指し、県内の中小規模食品製造企業等の食品廃棄物の排出規模に適した安価で小型のメタン発酵プラントを開発しました。

(お問合せ先:工業技術研究所、電話番号:054-278-3026)

09miniaturizationofmolding

成形品の微細化

(左:開発品、右:従来品)

レーザーによる健康医療機器用プラスチックの加工技術の確立

成長が見込まれる健康・医療用プラスチック部品の新しい加工技術として、視力矯正用眼鏡レンズのレーザー染色技術や透明プラスチックの溶着技術などの開発を行いました。

(お問合せ先:工業技術研究所浜松工業技術支援センター、電話番号:053-428-4157)

新成長戦略研究とは

新成長戦略研究は、「試験研究の戦略基本指針」に基づいて、本県の新たな成長に貢献することを目的とした研究開発を、産学官民の連携によって重点的に実施するものです。
研究成果を確実に政策課題の解決につなげるため、研究計画の策定から研究成果の普及・技術移転までを、研究所と関係課で組織した研究プロジェクトチームにより行います。

新成長戦略研究の推進体制(PDF:107KB)

新成長戦略研究の推進要綱(PDF:68KB)

 

 新成長戦略研究課題一覧及び新成長戦略研究成果集

新成長戦略研究成果集(平成28年度完了課題)(PDF:5,312KB)
新成長戦略研究成果集(平成27年度完了課題)(PDF:8,874KB)
新成長戦略研究成果集(平成26年度完了課題)(PDF:5,143KB)
新成長戦略研究成果集(平成25年度完了課題)(PDF:3,281KB)
新成長戦略研究成果集(平成24年度完了課題)(PDF:4,220KB)
新成長戦略研究成果集(平成23年度完了課題)(PDF:3,581KB)

 

平成22年度以前の重点研究

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済産業部産業革新局研究開発課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2609

ファックス番号:054-221-2698

メール:kenkyu-kaihatsu@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?