• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > エネルギー > しずおか新エネルギー情報の森 > しずおか新エネルギー情報の森/新エネルギーとは? > しずおか新エネルギー情報の森/新エネルギー廃棄物発電・廃棄物熱利用

ここから本文です。

更新日:平成22年3月26日

しずおか新エネルギー情報の森
新エネルギーとは
各種エネルギーデータ
静岡県の取組み
県内の導入事例
セミナー等行事案内
導入補助・支援制度
各種窓口紹介
リンク集
サイトマップ

新エネルギー廃棄物発電・廃棄物熱利用

廃棄物発電は、廃棄物焼却に伴い発生する高温燃焼ガスにより、ボイラーで蒸気を作り、蒸気タービンで発電機を回すことにより発電するシステムです。発電した電力の一部は、電力会社に売電することも可能です。1日当たり150~200トン以上の廃棄物を焼却する全連続炉であれば廃棄物発電の導入が可能と言われています。また、廃棄物発電に都市ガスや灯油等を燃料としたガスタービン発電機を併設し、このガスタービンの排熱を利用して焼却炉ボイラーの蒸気をさらに高温に過熱することにより蒸気タービンの出力を増加させ、ガスタービンによる発電量の増加と合わせて総合発電効率を向上させるスーパーごみ発電の導入も進んでいます。

廃棄物熱利用は、廃棄物焼却の際の排熱を蒸気や高温水の形で回収し、温水プールやハウス園芸等に直接利用したり、冷暖房、給湯用等の熱源水として利用したりすることが可能です。

廃棄物発電・熱利用の活用イメージのイラスト
廃棄物発電・熱利用の活用イメージ(出典:NEF)

メリット

  • 廃棄物発電の導入コストは、火力発電に比べても1~1.5倍と比較的安い。
  • スーパーごみ発電では、23~35パーセントという一般的なごみ発電と比べて高い発電効率が達成可能。
  • 焼却施設と熱需要地が近接している場合、排熱を有効利用できる。

課題

  • 廃棄物発電を行う場合は、大規模な処理施設が必要となる。
  • 焼却施設と熱需要地の距離が長い場合、熱供給配管の整備等の建設コストが大きい。
前に戻る

 

お問い合わせ

経済産業部産業革新局エネルギー政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2978

ファックス番号:054-221-2698

メール:energy@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?