• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 雇用・労働 > しずおか労働福祉情報 > サイトマップ > ストレスチェック制度

ここから本文です。

更新日:平成29年5月8日

ストレスチェック制度

ストレスチェックでいきいき職場づくり!!

労働安全衛生法に基づき、平成27年12月1日から従業員50人以上の事業所は、年1回、全従業員に対してストレスチェックを実施することが義務付けられました。

「精神障害」の現状

厚生労働省が公表した平成27年度の労災補償状況をみると、「精神障害」に係る労災請求件数が増加し続けていることが分かります。また、年齢別では「40~49歳」が最も多く、全体の3割を占めています。精神障害の要因の一つは「ストレス」です。ストレスチェック制度創設の背景にはメンタル不調者の増加があります。

 

png

 

ストレスチェック制度創設の背景の二つめが、メンタル不調者の増加による企業リスクの増加です。企業リスクとしては、以下のようなものが想定されます。

人員の縮小又は仕事の能率低下による企業の活力低下・戦力ダウン

メンタルヘルス不調に伴う精神病などに対する損害賠償請求

離職率率増加や企業イメージの悪化、それに付随した人材不足

適度のストレスは生産性を高めるとも言われていますが、厚生労働省が5年に1回実施している「労働者健康状況調査」によれば、「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合は60.9%にのぼります。


ストレスチェック制度の主な目的は、

1一次予防(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)

2労働者自身のストレスへの気づきを促す

3ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる、ことにあります。


ストレスチェック制度の詳細については、厚生労働省のホームページ「こころの耳」(外部サイトへリンク)に掲載されています。ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

経済産業部就業支援局労働政策課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2338

ファックス番号:054-271-1979

メール:roufuku@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?