• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > AOIプロジェクト/AOI-PARC > JA三島函南がAOIプロジェクト開発成果の現場実証を開始します!

ここから本文です。

更新日:令和2年10月13日

JA三島函南がAOIプロジェクト開発成果の現場実証を開始します!aoilogo

1.要旨

JA三島函南と管内協力生産者が連携しAOIプロジェクトで開発された革新的な栽培技術等を農業現場に導入し、技術的・経営的効果を実証するモデル事業を開始します。
このモデル事業の成果により新たな産地形成やブランド化につなげ、県内農業の飛躍的生産性向上や、生産者所得の増大及び農業を軸とした関連産業のビジネス展開を促進します。

2.モデル事業その1:JA三島函南ソフトケールGABA実証事業

softkale

 

実証場所 三島市川原ヶ谷
生産者

前島弘和氏

  • ほうれん草や小松菜などを栽培
  • JA三島函南の若手6人の農業者集団「箱根西麓のうみんず」の代表
実証する開発成果

ソフトケールGABA

  • 磐田市の株式会社増田採種場と農林技術研究所との共同研究により、血圧を下げる効果のあるGABAを豊富に含む生食用ケールの周年安定的な栽培技術を確立(商品名「ソフトケールGABA」)
  • 生鮮葉物野菜では全国初の機能性表示食品として消費者庁に届出
  • ケールはアブラナ科の野菜で、欧米では「スーパーフード」と称され人気が高い作物
栽培面積 4.8アール(ハウス2棟)
栽培開始時期 令和2年10月下旬

3.モデル事業その2:JA三島函南トマト用ポット栽培システム実証事業

uruoishikumi

 

実証場所 三島市中
生産者

佐藤光氏

  • 自作の環境制御システムをハウスに導入し、中玉トマトなどを栽培
実証する開発成果

トマト用ポット栽培システム

  • 牽引式重量センサーで計測したトマトの株重量の変化に応じて自動で給液行うことにより、高糖度トマトを安定生産する技術を農林技術研究所が開発(令和2年7月特許庁で特許査定済)
  • この技術を牧之原市の山本電機株式会社が商品化(商品名「うるおい力持ち」)
栽培面積 8.7アール(ハウス1棟)
栽培開始時期 令和2年10月下旬


お問い合わせ

経済産業部農業局農業戦略課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:055-955-9111

ファックス番号:055-955-9111

メール:nougyousen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?