• 総合トップへ
  • ふじのくに魅力情報
  • 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • ふりがな表示 ふりがな非表示
  • 組織(部署)から探す
  • Other language
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 産業・雇用 > 農林業 > 農業戦略課 > 農作物等における高温、干ばつに対する技術対策

ここから本文です。

更新日:平成28年1月5日

農作物等における高温、干ばつに対する技術対策

1.要旨

静岡気象台が20日に発表した「高温に関する気象情報」によると、8月に入り、県内は気温が高い状態が続いており、今後1週間程度続く見込みとなっています。また、降水量もかなり少なくなっています。
このため、農作物や家畜への影響が懸念されるので、今回「高温、干ばつに対する農作物や家畜飼養管理の技術対策」をとりまとめましたので、参考としてください。
具体的な内容は、次のとおりです。


2.作目別の主な技術対策

<茶>
7日置きを目安に、1回当たり25~30トン/10アール程度をかん水する。特に、幼木園では、早急なかん水が必要となる。
土壌水分の蒸発を防ぐため園地に敷き草、敷きワラをする。

<果樹類>
葉にしおれが目立ち始めた園地は、20トン/10アール程度をかん水する。
幼木園では、早めに10トン/10アール程度をかん水する。また、土壌水分の蒸発を防ぐため、園地に敷き草、敷ワラを行う。

<水稲>
「紋枯れ病」は高温多湿で感染が助長されるので、病斑が見られたら薬剤の散布をする。
用水の利用が可能な場所は、かけ流しを行う。

<施設野菜・花き>
出入り口や窓を大きく開け換気を十分に行う。
遮光資材で被覆する。
病害の予防に努めるとともに、病害の早期防除を徹底する。

<露地野菜・花き>
種まき、苗の植え付けは、十分なかん水後、夕方の涼しい時間帯に行う。
かん水は、早朝か夕方に行う。

<家畜>
給水が常時できるように点検を怠らない。
換気扇の稼動や畜舎内の通気性を確保し空気の循環を促す。
食欲が落ちるので、栄養価の高い飼料を給与する。


3.その他
生産者からの具体的な技術対策に関するお問い合わせは、県内の各農林事務所までお願いします。


 

お問い合わせ

経済産業部農業局農業戦略課

〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2669

ファックス番号:054-221-2839

メール:nougyousen@pref.shizuoka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?